F1 ウィリアムズF1 中国GP 2018年のF1世界選手権
ウィリアムズは、F1中国GPの決勝レースで、ランス・ストロールが14位、セルゲイ・シロトキンが15位でレースを終えた。

ランス・ストロール (14位)
「また素晴らしいスタートが切れたし、バーレーンと同じようにスタートでポジションを5~6個上げることができた。その後もクルマから最大限を引き出してレースができたと思う。セーフティカーはあまり運が良くなかった。僕たちの前の2ストップ勢がフリーでピットストップできてしまったからね」

「今日はフォース・インディア勢は倒せたと思う。純粋なペースでではないけど、良いスタートなどを生かせればね。ちょっと残念だけど、レースには本当に満足している。僕たちは戦略を完了させっることができたし、今日はそこからやれるだけのことはやれたと思う」

セルゲイ・シロトキン (15位)
「難しいレースだった。僕には失うものはなかったし、スタートで戦わなければならなかった。いくつかポジションを上げようとしたけど、ミッドフィールドの中にいるときは何かをするのは難しい。自分はもっとうまくやれたはずだと考えている。その後はペースを見い出すことに本当に苦労した。タイヤのウインドウを見つけるのがかなり難しかったし、第1スティントは本当に厳しかった。前が開けていた数周は少しは安定していたけど、全体的に本当にトリッキーだった。新品のミディアムを装着して、セーフティカー中に新品のソフトに交換した。何が起こったのかはわからないけど、ミディアムよりもはるかにグリップがなかったし、それによってかなり多くを失った。そのあとはとにかくレースを完走するだけだった」

関連:F1中国GP 結果:ダニエル・リカルドが大逆転優勝!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ウィリアムズ | F1中国GP