フランク・ウィリアムズ
肺炎で入院していたフランク・ウィリアムズが退院し、すでにチームのグローブのファクトリーに戻っていることが明らかになった。

フランク・ウィリアムズは、F1イタリアGP後に体調が悪化したため、娘で副チーム代表のクレア・ウィリアムズが付き添って入院していた。そのため、最近のグランプリではピットウオールに彼女の姿はなかった。

2017年のF1ドライバーラインアップを発表した場でクレア・ウィリアムズは「嬉しく、また、ありがたいことに、父はもう家に戻り、私たちと一緒にファクトリーにも来ています。皆さんご存じのことと思いますが、モンツァで開催されたイタリアGP後に肺炎にかかり、9月初めから入院していました。ですが、31日(月)に退院しました」と述べた。

「非常にゆっくりとした回復でしたが、今では私たちのよく知る愛すべきいつものフランクになってきてます。彼がチームに戻ってきてくれて本当にうれしいです」

関連:ウィリアムズ、ランス・ストロールの起用を発表…ボッタスも残留

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ウィリアムズ