ウィリアムズ F1アメリカGP
ウィリアムズは、F1アメリカGPの決勝レースで、フェリペ・マッサ、バルテリ・ボッタスともにリタイアでレースを終えた。

フェリペ・マッサ (8位)
「期待外れなレースだった。最初のコーナーは多くのことが起きていて、かなり難しかった。アクシデントに巻き込まれてしまい、クルマの右側にダメージを負った。走り続けて前の人たちに追い付いていたけど、ダンパーにトラブルが発生した」

実は2台ともそうなんだ。それでストップしなければならなかった。僕たちにとっては良い週末ではなかった。次に集中しなければならない」

バルテリ・ボッタス (リタイア)
「今日はまったく運がなかった。その一言に尽きる。同じ日に2度も同じテクニカルトラブルが起こるんだからね。サスペンションの故障で僕はレースを終えた。レースのスタートは良くなかった。1周目の後、フロントウィングにダメージがあって、ピットインしなければならなかった。インターミディエイトにするか、スリックというリスクを冒すかの判断を迫られて、スリックに挑戦したのは僕の指針によるものだ。可能だと思った。でも、それは間違いだったし、そこで多くのタイムを失った。結局はテクニカルトラブルだったので関係なかったけどね。今日は残念ながら結果を残せる可能性はなかった」

関連:F1アメリカGP 結果:ルイス・ハミルトンが優勝でタイトル2連覇!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / F1アメリカGP