ウィリアムズ
ウィリアムズは、今週末のF1イギリスGPでF1参戦600戦を祝う。

1977年にフランク・ウィリアムズとパトリック・ヘッドによって創立されたウィリアムズは、過去36年間で297回の表彰台、114勝、そして16回のワールドチャンピオンを獲得。そのうち9回はコンストラクターズ選手権、残りの7回は、アラン・ジョーンズ、ケケ・ロズベルグ、ネルソン・ピケ、ナイジェル・マンセル、アラン・プロスト、デーモン・ヒル、ジャック・ヴィルヌーブとともに獲得したドライバーズ選手権となっている。

この功績が称えられ、フランク・ウィリアムズは、1999年にナイトの爵位を受勲している。

ウィリアムズは、今週末のホームグランプリでF1参戦600戦目への到達を祝う。シルバーストンは、チームが1979年に初勝利を挙げたサーキットであり、1997年に100戦目を迎えた場所でもある。

次戦F1ドイツGPで、ウィリアムズは2台のFW35のサイドポットに“600”の文字を掲載して、このマイルストーンを祝う。カラーリングは、従業員の継続的な努力と献辞に対する賛辞としてウィリアムズ・グループで働く全691名の従業員の名前が刻まれる。

フランク・ウィリアムズ
「ウィリアムズのような独立チームにとって、モータースポーツの頂点での600戦への到達は驚くべき業績だ。我々の設立以降、78チームが出入りし、もしくはオーナーを変更している。我々の長命は、我々をここに維持するために多くのことを犠牲にした数千人の証だ。このマイルストーンを我々の忠実なイギリスのファンとともにイギリスモータースポーツの本場で祝えることは本当に相応しいことだと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ