ウィリアムズ
ウィリアムズは、2013年のドライバーとしてパストール・マルドナドとバルテリ・ボッタスを起用することを発表した。

2012年にウィリアムズのリザーブドライバーを務めたバルテリ・ボッタスは、今シーズン、15回の金曜フリー走行に出走していた。

「F1世界選手権で戦うことは生涯の夢だった」とバルテリ・ボッタスはコメント。

「F1で最も歴史的なチームのひとつでそれをすることは、信じられないくらい特別なことだ。ここまでのウィリアムズとの3年間を本当に楽しんできたし、ここをホームのように感じているので、僕のゴールは、ずっと2013年も留まって、レースシートに昇格することだった。F1キャリアを始めるのを楽しみにしているし、ウィリアムズと多くの成功を味わいたい」

ウィリアムズへの残留が決まったパストール・マルドナドは、「ウィリアムズとの時間を本当に楽しんでいるし、2013年もチームと続けられると伝えられたときは本当に嬉しかった」とコメント。

「2012年のバルセロナでの優勝いよって忘れられない1年になったし、僕たちはパフォーマンス麺で大きな前進を果たした」

「チームをとても信頼しているし、来年はさらにグリッドを上げて、もっと多くの成功を味わいたい」

チームプリンシパルのフランク・ウィリアムズは、新しいドライバーラインナップに興奮していると述べた。
「我々にはパストールとバルテリというモーターレーシングで最も刺激的な才能がいるし、2013年にウィリアムズのためにもたらせることができることには特に興奮している」

「パストールは常に注目に値するペースを示してきたし、今年はレーシングドライバーとして成熟した。バルテリはかなりシンプルに言えば、私が出会ったなかで最も才能のある若手ドライバーのひとりだし、我々は彼に大きなことを期待している」

フランク・ウィリアムズは、ブルーノセナのチームへの貢献に感謝の意を示した。

「またこの場を借りて、我々のチームを離れるドライバー、ブルーノ・セナの昨年の激務に感謝したい。彼の幸運を祈っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ウィリアムズ | パストール・マルドナド | バルテリ・ボッタス