ロッド・ネルソン(ウィリアムズ)
ウィリアムズは、新しいサーキットに対処する技術においてベストプラクティスの一つであり、ライバル同様、シーズンのスタートからバレンシアのために忙しく準備している。

ウィリアムズのチーフオペレーションエンジニアのロッド・ネルソンが、チームのバレンシアのシミュレーションに関して説明した。

「我々は、建設プランとFIAの情報に基づき、数ヶ月前にサーキットの初期のマッピングを始めた。サーキットのラフな地図を作り、エアロレベル、ブレーキの摩耗、サーキットでタイヤにどのような要求があるかを調べるためにシミュレーターを走らせた。」

「エアロレベルの場合は、特定のサーキットに合わせて新しいパーツを製造することができるし、時間が近くなると主催者やFIAからより多くの情報を得ることができるので、イメージを組み立てて、シミュレーションを洗練させている。」

ウィリアムズのレーザースキャン設備はサーキットをスキャンすることもできるので、ウィリアムズのドライバーは、チームのシミュレーターで“バーチャルラップ”の練習をすることができる。これにより、彼らはレーシングラインに慣れ、セットアップを探り始めることができる。しかし、もちろん実際にサーキットで行うことの代用にはならない。

「ドライバーとサーキットを歩き、問題について話し、コーナーやランオフエリアの量、ウォールがどれくらい近いかを見ることに勝るものはない。」

ウィリアムズのドライバーであるニコ・ロズベルグもまた、トラックでの直接の経験が重要としている。しかし、金曜の最初のプラクティスまではファクトリーでの準備に満足しなければならない。

「サーキットでの良いアイデアを得るために、GTレーシングのオンボードを見るつもりだ。しかし、セットアップに関してはモナコのような他のストリートサーキットと比べて推測しているに過ぎない。週末を通して、徐々にそれをセットアップをしなければならないね。」

「そのようなストリートサーキットでは、始めはグリップがないことが問題だ。通常のサーキットでは10周から15周くらいで学べる。でも、ストリートサーキットではそれ以上、たぶん20周くらい掛かるだろう。もしクラッシュしたら、多くの時間を失ってしまうので、マシンをサーキットに留めておくことがとても重要になるだろうね。」

「すべてのチームが、サーキット、ドライバー、セットアップその他いろいろで、ほぼゼロからスタートする。みんなにとって、可能な限り早くベストを知ることが大きな挑戦になる。本当に面白いレースになるだろうね。」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ