ウィリアムズ
ウィリアムズのテクニカルディレクターを務めるサム・マイケルは、今後フライホイール式KERSを使用する可能性を完全には否定していない。

ウィリアムズは、2009年にKERSが導入された際に、唯一フライホール式KERSを開発してきたが、今年はパッケージング的な理由でバッテリー式KERSでシーズンをスタートする。

サム・マイケルは、今年フライホイール式KERSを使うことはないだろうと認めるが、来シーズン使用する可能性はあると主張した。

「マシンにはバッテリー式を搭載している。KERSの全てがシャシーの底面に収容されている。主に空力的な理由だ」とFW33のカラーリング発表でサム・マイケルは述べた。

「このクルマでKERSも検討した。目前までいったが、残念ながら、パッケージング的なことでスタートで使用するのは止めた」

「だが、どこかのポイントで導入することを考えていないわけではない。2011年は可能性は低いが、2012年は可能性はある」

関連:ウィリアムズ、FW33のカラーリングを発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ウィリアムズ