ウィリアムズの2015年12月のF1情報を一覧表示します。

ランス・ストロール、デイトナ24時間レースに参戦

2015年12月29日
ランス・ストロール
ウィリアムズの開発ドライバーに就任したランス・ストロールが、来月のデイトナ24時間レースにフォード・チップ・ガナッシから初参戦することが決定した。

ランス・ストロールは、ブレンドン・ハートレー、アレックス・ブルツ、アンディ・プリオールとともにフォード エコブースト プロトタイプを走らせる。

昨年のウィナーであるジェイミー・マクマレー、カイル・ラーソン、トニー・カナーン、スコット・ディクソンは、同チームの2台のGT ル・マン マシンでエントリーする。

バルテリ・ボッタス、恋人のリオ五輪出場を願う

2015年12月22日
バルテリ・ボッタス
バルテリ・ボッタスは、2016年にリオデジャネイロで開催される夏季オリンピックを観戦する予定を立てている。

バルテリ・ボッタスの恋人エミリア・ピッカライネンは、水泳のフィンランド代表選手。2016年のリオ五輪で3大会連続出場を目指している。

バルテリ・ボッタスは「リオに行く予定だよ」とコメント。

ウィリアムズ、マッサとボッタスのジャガーでのフォーミュラE参戦を否定

2015年12月22日
ウイリアムズ フォーミュラE
ウイリアムズは、フェリペ・マッサとバルテリ・ボッタスが来シーズンのフォーミュラEにジャガーから参戦する可能性を否定した。

ジャガーは、2016/2017シーズンからフォーミュラEにワークス参戦することを発表。ジャガーのレース活動はウィリアムズ・アドバンスト・エンジニアリングがサポートすることになっており、 MTV3 は、ジャガーのドライバーとしてフェリペ・マッサとバルテリ・ボッタスが起用される可能性があると報じた。

フェリペ・マッサ 「現在のF1マシンの運転は簡単なわけではない」

2015年12月11日
フェリペ・マッサ
フェリペ・マッサは、現在のF1マシンを走らせるのは“簡単”だという見方に反論した。

近年、F1はドライバーの挑戦が薄れていると感じており、2017年もしくは2018年からよりパワフルなエンジンと速いシャシーの規約を導入することを推し進められている。

ウィリアムズ、FW38は今季マシンとは“かなり異なる”

2015年12月3日
ウィリアムズ FW38
ウィリアムズは、2016年F1マシン『FW38』が2015年F1マシンとは“かなり異なる”ことを示唆した。

コンストラクターズ選手権3位をほぼ手中に収めた段階で、ウィリアムズは今季マシン『FW37』の開発を停止させた。

ウィリアムズは、FW38とともに大胆なステップを踏むことを決定。2016年のために準備していたパーツのほとんどが、シーズン終盤にテストする価値がなくなったほどだという。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム