ウィリアムズの2014年05月のF1情報を一覧表示します。

フェリペ・マッサ 「ウィリアムズに来れたのでフェラーリ解雇に感謝」

2014年5月29日
フェリペ・マッサ
フェリペ・マッサは、昨シーズン末にフェラーリを解雇された結果としてウィリアムズへ移籍できたことを嬉しく思っていると述べた。

フェリペ・マッサは、2006年〜2013年までフェラーリに所属。ミハエル・シューマッハ、キミ・ライコネン、フェルナンド・アロンソといった評価の高いワールドチャンピオンのチームメイトを務めた。

フェリペ・マッサ 「モナコGPは予想よりも簡単だった」

2014年5月28日
フェリペ・マッサ 「モナコGPは予想よりも簡単だった」
フェリペ・マッサは、新世代のF1カーをモナコで走るのは予想よりも簡単だったと認めた。

イベント前、フェリペ・マッサは、今年のモナコGPが“シーズンで最も厳しいレース”になると思うと語っていた。

「今年のクルマはスライドしやすい。エンジンのトルクが去年と比べて倍増している一方で、タイヤのグリップはあまり高くない。だからモナコのレースは非常にクラッシュしやすくなるだろう」

ウィリアムズ:フェリペ・マッサが7位入賞 (F1モナコGP)

2014年5月26日
ウィリアムズ:フェリペ・マッサが7位入賞 (F1モナコGP)
ウィリアムズは、F1モナコGPの決勝レースで、フェリペ・マッサが7位、バルテリ・ボッタスはリタイアだった。

フェリペ・マッサ (7位)
「16番グリッドからスタートしての7位にはとても満足している。セーフティカーが出たときにちょっとリスクを冒して戦略を変更した。タイヤを最後まで持たせなければなかったけど、うまくいった。他のクルマのミスやリタイアという機会を最大限に利用した。いろんなことがあり得たし、最高のカタチでまとまってうれしい。タフな週末がポジティブに変わった」

フェリペ・マッサ、マーカス・エリクソンとの接触に呆れ顔

2014年5月25日
フェリペ・マッサ
フェリペ・マッサは、F1モナコGP予選Q1での接触は100%マーカス・エリクソンに非があったと考えている。

Q1セッション終了間際の最終アタックで、マーカス・エリクソンは、フェリペ・マッサに接触。両者はバリアに突っ込んだ。

タイム的にフェリペ・マッサは、Q2に進出することができたが、Q2で走ることができず、16番手で予選を終えることになった。

ウィリアムズ:Q3進出ならず (F1モナコGP 予選)

2014年5月25日
ウィリアムズ F1モナコGP 予選
ウィリアムズは、F1モナコGPの予選で、バルテリ・ボッタスが13番手、フェリペ・マッサが16番手だった。

バルテリ・ボッタス (13番手)
「チームとして最適な結果ではなかった。僕たちが抱えていた問題はh論とタイヤへの熱入れだ。クルマの感触はOKだったけど、欲しかったグリップがなかった。明日にむけてこれを解決するためにやらなければなららない仕事がある。でも、ほんの少しの順位だけだし、モナコでは何が起こるかわからないので、まだ数ポイント獲得できると楽観的に捉えている」

ウィリアムズ:F1モナコGP 初日のコメント

2014年5月23日
ウィリアムズ F1モナコGP
ウィリアムズは、F1モナコGP初日のフリー走行で、バルテリ・ボッタスが5番手タイム、フェリペ・マッサが11番手タイムだった。

バルテリ・ボッタス (5番手)
「モナコにいるのは最高だし、今のクルマではとおても楽しい。もっと速くなるために改善できることはいくつかあるし、午後の雨は役に立たなかったけど、作業していくための良いデータを得られた」

フェリペ・マッサ 「モナコは優れたスタビリティが必要」

2014年5月21日
フェリペ・マッサ
フェリペ・マッサが、F1モナコGPへの意気込みを語った。

フェリペ・マッサ (ウィリアムズ)
「モナコは大好きだ。モナコに住んでいるので、家に帰って、家族に会い、毎日クルマに乗った後に自分のベットで寝れるのは素晴らしいことだ。僕にとってそのようなレースが2つ(モナコとブラジル)があるのはラッキーだね」

バルテリ・ボッタス 「モナコにはミスをする余地はない」

2014年5月21日
バルテリ・ボッタス
バルテリ・ボッタスが、F1モナコGPへの意気込みを語った。

バルテリ・ボッタス (ウィリアムズ)
「レースでのオーバーテイクを非常に難しいサーキットデザインなので、モナコの予選はシーズンで最も重要だ。レースではピットストップでタイムやポジションを失わないように戦略も重要になるし、ポジションをアップするのは難しい」

スージー・ヴォルフ 「フリー走行への参加は力を示すチャンス」

2014年5月15日
スージー・ヴォルフ
スージー・ヴォルフは、今年の走行機会をF1でレースドライバーになるために力を示すチャンスだと考えている。

14日(水)に行われたバルセロナテスト2日目、スージー・ヴォルフは、ウィリアムズ FW36を初めてドライブした。

テストは、基本的にタイムを追求する要素は少ないが、スージー・ヴォルフは5番手タイムでセッションを終えた。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム