ウィリアムズの2014年03月のF1情報を一覧表示します。

ウィリアムズ、チームオーダー論争を話し合いで解決

2014年3月31日
ウィリアムズ
ウィリアムズは、F1マレーシアGPでのフェリペ・マッサとバルテリ・ボッタスとの間のチームオーダー論争は解決したと確信している。

レース後のブリーフィングの後、ウィリムズは、F1マレーシアGPの決勝レースでのような出来事を繰り返さないように、フェリペ・マッサ、バルテリ・ボッタス、そしてチーフテスト兼サポートエンジニアのロッド・ネルソンらが個別に議論の場を設けたとみられている。

ウィリアムズ、チームオーダー論争の事後処理に追われる

2014年3月31日
ウィリアムズ
ウィリアムズは、F1マレーシアGPのチームオーダー論争の事後処理に追われている。

レース中、ウィリアムズはフェリペ・マッサに対してチームメイトのバルテリ・ボッタスを先に行かせるよう指示したが、フェリペ・マッサはチームオーダーを無視してバルテリ・ボッタスの前で7位でフィニッシュした。

前を走っていたマクラーレンのジェンソン・バトンは、直線スピードに苦しんでいたが、ウィリアムズ勢をなんとか退けて6位でフィニッシュしている。

フェリペ・マッサ、チームオーダー無視も「間違ったことはしていない」

2014年3月31日
フェリペ・マッサ
フェリペ・マッサは、F1マレーシアGPでチームメイトのバルテリ・ボッタスを先に行かせろというチームオーダーを無視したが、何も間違ったことはしていないと引かない。

2人のウィリアムズドライバーの緊張関係は、序盤から明らかだった。チームメイト同士の激しいバトルに、フェリペ・マッサは無線で「彼が何をしたか見たか? 接触してきた!」と叫んだ。

ウィリアムズ:遺恨の残るダブル入賞 (F1マレーシアGP)

2014年3月30日
ウィリアムズ F1マレーシアGP
ウィリアムズは、F1マレーシアGPの決勝レースで、フェリペ・マッサが7位、バルテリ・ボッタスが8位だった。

フェリペ・マッサ (7位)
「今日、2台がポイントを獲得できたことはちーむにとってポジティブな結果だ。とても良いスタートができたし、1周目にいくつか順位を上げることができたけど、第1スティントでマグヌッセンのマクラーレンによって僕の進展はちょっと止まってしまった。最終コーナーの立ち上げりでのトラクションが良くて、オーバーテイクするのが難しかった」

バルテリ・ボッタス、3グリッド降格ペナルティ (F1マレーシアGP)

2014年3月29日
バルテリ・ボッタス
バルテリ・ボッタスは、F1マレーシアGPの予選で、ダニエル・リカルドの走行を妨害したとして3グリッド降格ペナルティを科せられた。

バルテリ・ボッタスは、ラップ終盤にダニエリ・リカルドを抑え込んだとを非難を受け、スチュワードはボッタスが「アプローチしてくるマシンに注意を払わず、ターン14とターン15でカーナンバー3を妨げ続けた」と判断。ボッタスに3グリッド降格ペナルティを科した。

ウィリアムズ:苦手なウェットでQ2止まり (F1マレーシアGP予選)

2014年3月29日
ウィリアムズ F1マレーシアGP 予選
ウィリアムズは、F1マレーシアGPの予選で、フェリペ・マッサが13番手、バルテリ・ボッタスが15番手だった。

フェリペ・マッサ (13番手)
「ドライコンディションでは僕たちは通常トップ6を争えるし、クルマの感覚もいいけど、ウェットではクルマのグリップが少ないし、スライドが多くて不安的な感じになる。対処する必要がある」

ウィリアムズ:F1マレーシアGP 初日のコメント

2014年3月28日
ウィリアムズ F1マレーシアGP
ウィリアムズは、F1マレーシアGP初日のフリー走行で、フェリペ・マッサが6番手タイム、バルテリ・ボッタスが9番手タイムだった。

フェリペ・マッサ (6番手)
「技術的な問題は何もなかったし、最後まで走行プランを終えることができた。今日はクルマのパフォーマンスについて学ぶ良い機会だった。かなり暑かったので、高温でのタイヤの働きについても理解を深めることができた」

ウィリアムズ 「メルセデスへのエンジン変更は運ではない」

2014年3月27日
ウィリアムズ
ウィリアムズの副チーム代表クレア・ウィリアムズは、メルセデスへのF1エンジンの切り替えは、運ではなく、目先が利いた判断だったと主張する。

目下、ウィリアムズはメルセデスに最も近い挑戦者と目されており、開幕戦ではフェリペ・マッサの1周目のクラッシュリタイアとバルテリ・ボッタスのウォールへの接触がなければ、表彰台フィニッシュの可能性もあったと考えられている。

フェリペ・マッサ 「マレーシアの気候はドライバーにとってタフ」

2014年3月25日
フェリペ・マッサ (ウィリアムズ)
フェリペ・マッサが、2014年 第2戦 F1マレーシアGPへの意気込みを語った。

フェリペ・マッサ (ウィリアムズ)
「マレーシアはレースをするには素晴らしい場所だ。暑くて湿度の高いレースはドライバーにとって体力的にタフだ。暑さはタイヤにも大きな影響を及ぼすし、素早くデグラデーションが起きる」
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム