ウィリアムズの2012年07月のF1情報を一覧表示します。

ウィリアムズ:ブルーノ・セナが7位入賞 (F1ハンガリーGP)

2012年7月30日
ウィリアムズ F1ハンガリーGP 結果
ウィリアムズは、F1ハンガリーGPの決勝レースで、ブルーノ・セナが7位、パストール・マルドナドが13位だった。

ブルーノ・セナ (7位)
「今日は素晴らしいレースだった。戦略を働かせるために懸命にプッシュした。特に路面コンディションと天候は期待していたものとは非常に異なっていたからね。チームに満足しているし、この勢いを維持できることを願っている」

ウィリアムズ:2台揃ってトップ10入り (F1ハンガリーGP 予選)

2012年7月29日
ウィリアムズ F1ハンガリーGP 予選
ウィリアムズは、F1ハンガリーGPの予選で、パストール・マルドナドが8番手、ブルーノ・セナが9番手だった。

パストール・マルドナド (8番手)
「予選パフォーマンスはかなり良かった。特にQ2ではね。でも、そのあとのQ3で2度もトラフィックに出くわしてしまった。僕たち二人ともが上位に近いポジションを得るために良い仕事ができたのでチームのために嬉しく思うし、ポジティブに感じている」

ウィリアムズ:F1ハンガリーGP 初日のコメント

2012年7月28日
ウィリアムズ F1 ハンガリーGP
ウィリアムズは、F1ハンガリーGP初日のフリー走行で、ブルーノ・セナが3番手タイム、パストール・マルドナドが12番手タイムだった。午前中にはバルテリ・ボッタスが走行を行った。

ブルーノ・セナ (3番手)
「路面コンディションの感覚とタイヤのパフォーマンスを掴めたので良い午後だった。クルマの挙動は良かったけど、作業し続ける必要がある。クルマには良いポテンシャルがあるので、明日の予選に向けて満足している」

パストール・マルドナド:F1ハンガリーGP プレビュー

2012年7月26日
パストール・マルドナド (ウィリアムズ)
パストール・マルドナドが、F1ハンガリーGPへの意気込みを語った。

パストール・マルドナド (ウィリアムズ)
「ハンガリーのトラックは本当に低速なので、この種のサーキットにセットアップを適応する必要があるけど、今シーズンここまで、僕たちのクルマは異なる種類のトラックで良いペースを示してきた」

ブルーノ・セナ:F1ハンガリーGP プレビュー

2012年7月26日
ブルーノ・セナ (ウィリアムズ)
ブルーノ・セナが、F1ハンガリーGPへの意気込みを語った。

ブルーノ・セナ (ウィリアムズ)
「ハンガロリンクは、シーズンで訪れるなかで最もチャレンジングなトラックというわけではない。技術的には本当に腕が試されるし、かなり低速なので、いくつかの点でモナコを思い起こさせる」

トト・ヴォルフ、ウィリアムズの常務取締役に就任

2012年7月25日
トト・ヴォルフ
ウィリアムズは、トト・ヴォルフがウィリアムズ・グランプリ・ホールディングスPLCの非常勤取締役から常務取締役に昇格することが発表した。

2009年にウィリアムズの少数株主となったトト・ヴォルフは、ウィリアムズ・グランプリ・ホールディングスPLCの株主兼取締役として、フランク・ウィリアムズと並んで働き、事業に長期的に携わっていく。

ウィリアムズ:クルマに手応えもノーポイント (F1ドイツGP)

2012年7月23日
ウィリアムズ F1ドイツGP 結果
ウィリアムズは、F1ドイツGPの決勝レースで、パストール・マルドナドが15位、ブルーノ・セナが17位だった。

パストール・マルドナド (15位)
「今日は難しいレースだった。スタートはOKだったけど、第2スティントでクルマにペースが足りなかったし、レース序盤に負ったダメージによってポジションを維持するために必要なグリップがなかった。ソフトタイヤでの最終スティントではクルマは良くなった。でも、今は忘れて、ハンガリーでの次のレースに間に合わせられるようになぜ速くなかったのかを理解する必要がある」

ウィリアムズ:パストール・マルドナドが6番手 (F1ドイツGP 予選)

2012年7月22日
ウィリアムズ F1ドイツGP 予選
ウィリアムズは、F1ドイツGPの予選で、パストール・マルドナドが6番手、ブルーノ・セナが16番手だった。

パストール・マルドナド (6番手)
「セッション間でグリップレベルが変化して、今日の天候は本当にチャレンジングだった。Q1とQ2ではバランスが良かったけど、雨が降って多くのグリップを失い、前2列のグリッドにチャレンジするのが難しくなった。でも、全体的に予選ポジションにはかなり満足しているし、明日はもうちょっと好い天候になりそうなので、僕たちのクルマに適しているはずだ」

ウィリアムズ:F1ドイツGP 初日のコメント

2012年7月21日
ウィリアムズ F1ドイツGP
ウィリアムズは、F1ドイツGP初日のフリー走行でパストール・マルドナドが1番手タイム、ブルーノ・セナが16番手タイムだった。午前中にはバルテリ・ボッタスが走行を行った。

パストール・マルドナド (1番手)
「路面コンディションがかなり変化して全員にとってチャレンジングなプラクティスセッションだった。このようなコンディションにドライビングスタイルとマシンを最適に合わせようと試みていた」
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム