ウィリアムズの2011年08月のF1情報を一覧表示します。

ウィリアムズ:マルドナドがF1初ポイント獲得 (F1ベルギーGP)

2011年8月29日
ウィリアムズ F1ベルギーGP 結果
ウィリアムズは、F1ベルギーGPの決勝レースで、パストール・マルドナドが10位、ルーベンス・バリチェロは16位だった。

パストール・マルドナド (10位)
「自分自身にとっても、チームにとってもポイントを獲得できたことを本当に嬉しく思っている。大きな改善だ。レース中、ペースはとても一貫性があったので満足しているし、母国のためにも嬉しく思う」

パストール・マルドナド、5グリッド降格ペナルティ (F1ベルギーGP)

2011年8月28日
パストール・マルドナド
パストール・マルドナドは、Q2でのルイス・ハミルトンとの接触に対し、5グリッド降格ペナルティーが課せられた。

Q2終盤のパスストップ・シケインでルイス・ハミルトンが計時ラップを完了させようとした際に両者は接近。その次のラップでチェッカーフラッグを受けたあと、パストール・マルドナドがラ・ソースの出口でハミルトンにオーバーテイクしようとした際に両者は接触した。

ウィリアムズ:Q3進出は叶わず (F1ベルギーGP予選)

2011年8月28日
ウィリアムズ F1ベルギーGP 予選
ウィリアムズは、F1ベルギーGPの予選で、ルーベンス・バリチェロが14番手、パストール・マルドナドが16番手だった。

ルーベンス・バリチェロ (14番手)
「今日はとても楽しい予選セッションだった。僕たちはこのレースのために新しいパッケージを持ち込んだけど、マシンはまだ望んでいたほど速くない。残念ながら、ずっとトラフィックに捕まっていた。そうでなければQ3に進めたと確信しているので残念だ」

ルーベンス・バリチェロ、ウィリアムズのシート喪失の可能性を認める

2011年8月27日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、チームの「経済問題」のためにウィリアムズのシートを失うかもしれないという報道を認めた。

ルーベンス・バリチェロは27日(土)、ホンダで256戦のF1出走記録を達成した際のヘルメットを自身のTwitterに投稿。

「このヘルメットを覚えていてくれ...257戦? 340戦やそれ以上を楽しみにしている」とルーベンス・バリチェロはコメント。

ウィリアムズ:F1ベルギーGP初日

2011年8月27日
ウィリアムズ F1ベルギーGP 初日
ウィリアムズは、F1ベルギーGP初日のフリー走行でパストール・マルドナドが12番手、ルーベンス・バリチェロが16番手だった。

パストール・マルドナド (12番手)
「今日はコンディションが完全なウェットでも完全なドライでもなかったのでかなり難しかった。でも、ポジティブな一日だったと思うし、明日を楽しみにしている。ウェットでもっと改善させる必要があるけど、ドライでのマシンのバランスがとれていると感じた。まだ改善できることはたくさんある」

ルーベンス・バリチェロ:F1ベルギーGPプレビュー

2011年8月23日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロが、F1ベルギーGPへの意気込みを語った。

ルーベンス・バリチェロ (ウィリアムズ)
「スパ・フランコルシャンは大好きだ。非常に特別なトラックだね。1994年にF1で初のポールポジションを獲得した場所だ。トラックがウェットからドライコンディションへと変化するとてもトリッキーなコンディションだったけど、スパではかなり起こり得ることだ」

パストール・マルドナド:F1ベルギーGPプレビュー

2011年8月23日
パストール・マルドナド
パストール・マルドナドが、F1ベルギーGPへの意気込みを語った。

パストール・マルドナド (ウィリアムズ)
「イタリア・フォーミュラ・ルノー(2003年)、フォーミュラ・ルノーV6ユーロカップ(2004年)、ワールド・シリーズ・バイ・ルノー(2006年)、GP2(2008年〜2010年)でレースをしているのでスパは熟知している。お気に入りのトリックのひとつだし、チャンピオンを獲得したGP2シーズンでの勝利を含め、キャリアで重要な結果を成し遂げている場所でもある」

ジュール・ビアンキ、ウィリアムズでF1デビュー?

2011年8月16日
ジュール・ビアンキ
ジュール・ビアンキが、2012年にウィリアムズでルーベンス・バリチェロに代わってF1デビューを果たす可能性があるとベテランジャーナリストが述べている。

F1で最も経験豊富なドライバーであるルーベンス・バリチェロは、ウィリアムズとの契約更新を待ち望んでいる。

だが、ブラジルの O Estado de S.Paulo の記者を務めるリビオ・オレッキオは「フランク・ウィリアムズは、金を必要としている」と伝えた。

ルーベンス・バリチェロ 「V6エンジンでレースをすることはなさそう」

2011年8月12日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、2014年に導入される新しいV6エンジンのパワーとサウンドを経験することはないだろうと認めた。

1993年のF1デビュー以降、F1歴代最多出場記録を更新しているルーベンス・バリチェロは、ウィリアムズとの契約を2012年と2013年まで延長することを望んでいる。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム