ウィリアムズの2008年01月のF1情報を一覧表示します。

ウィリアムズ:バレンシアテスト(1月24日)

2008年1月26日
F1 ウィリアムズ
ウィリアムは24日、バレンシアで4日間のテストプログラムを終了した。中嶋一貴とニコ・ヒュンケンバーグが最終日のテストを担当した。

今回のテストでは、ウィリアムズの2008年F1マシン “FW30”がデビューを飾り、トラブルなく3人のドライバーによって短距離・長距離走行を完了した。FW29Bも信頼性に関する作業に使用された。

ウィリアムズ:バレンシアテスト(1月23日)

2008年1月24日
ウィリアムズ
ウィリアムズは23日、バレンシアで3日目のテストを行った。

ニコ・ロズベルグはFW30をドライブし、117周を走行し、システムチェックを行った。中嶋一貴は暫定マシンFW29Bで信頼性のテストを進めた。

最終日は、中嶋一貴とニコ・ニコ・ヒュンケンバーグによってテストが行われる。

ウィリアムズ:バレンシアテスト(1月22日)

2008年1月23日
ウィリアムズ F1
ウィリアムズは22日、バレンシアにて2日目のテストを行い、ニコ・ロズベルグがFW30のステアリングを初めて握った。ロズベルグは、3番手となるタイムをマーク。また、中嶋一貴はFW29Bをドライブし、7番手タイムを記録した。

チームは今週、徐々に距離を伸ばしFW30の信頼性をテストする。また、ファクトリーでの開発、風洞から得たデータと実走行の印象からのパフォーマンスレベルを比較し、分析を行う。さらに新しいセッティングでのメカニカル面の変化、空力面での反応を評価し、セットアップの方向性を煮詰めていく予定である。

ウィリアムズ FW30

2008年1月23日
ウィリアムズ FW30
WILLIAMS FW30 TOYOTA
FW30は、昨シーズン競争力と信頼性をみせたFW29のエンジニアリング哲学を継承しながら、プラットフォームを進化させた。ゼロキールや2本柱リアウイングといった構造やレイアウトは保持しながら、3枚構造のフロントウイングやサイドポッドなど、印象的なデザイン変更が加えられている。

ウィリアムズの2008年F1マシン「FW30」。ウィリアムズ FW30は、昨シーズンのマシンFW29のエンジニアリング哲学を引き継いだ進化型。ゼロキールや2本柱リアウイングといった構造やレイアウトは保持しながら、3枚構造のフロントウイングやサイドポッドなど、新しい空力デザインが取り入れられている。エンジンは昨年に引き続きトヨタ製エンジンを搭載する。

ウィリアムズ、FW30をシェイクダウン

2008年1月22日
(画像)ウィリアムズ、新型マシン「FW30」をシェイクダウン (画像)FW30の初走行はニコ・ヒュンベルグが担当
ウィリアムズは21日、バレンシアサーキットで2008年シーズンのマシン「FW30」のシェイクダウンを行った。ステアリングは、今季から新たに加わったテストドライバーであるニコ・コ・ヒュンケンバーグが握った。

FW30は、昨シーズン競争力と信頼性をみせたFW29のエンジニアリング哲学を継承しながら、プラットフォームを進化させた。ゼロキールや2本柱リアウイングといった構造やレイアウトは保持しながら、3枚構造のフロントウイングやサイドポッドなど、印象的なデザイン変更が加えられている。

明日22日からニコ・ロズベルグと中嶋一貴がFW30に乗り込む。また来週行われるカタロニア・サーキットでは、オーストラリアGPから戦うレース用のカラーリングが披露される予定である。

ウィリアムズ、マクレガーとパートナー契約

2008年1月19日
ウィリアムズ、マクレガーとパートナー契約
ウィリアムは、オランダのファッションブランドである「マクレガー(McGregor)」と3年間とパートナー契約を結んだことを発表した。マックレーガーは、ウィリアムズのファクトリーで働く520人のスタッフの作業着の仕立てを含む、レース用とテスト用の新しいチームユニフォームのデザインと制作を行い、マクレガーのロゴは、マシン、ドライバーのヘルメット、チームウェアに描かれる。

マクレガーがデザインするチームキャップやシャツ、ジャケットなどの含む新しいチームユニフォームは、3月のオーストラリアGPで発表される。ウィリアムズの伝統的なレーシングカラーである青と白を使ったデザインとなる予定だ。

ウィリアムズ:ヘレス合同テスト最終日

2008年1月17日
特別カラーのテストマシンをドライブする中嶋一貴
ウィリアムズは、ヘレスサーキットで中嶋一貴とニコ・ロズベルグにより、最終日となる3日目のテストを完了した。

断続的なウエットコンディションの中、チームは新しいECUとトランスミッションのシステムをチェックなどシーズンオフの作業を続けた。

3月の初戦オートラリアGPに向け、チームは来週行われる3日間のバレンシアテストへ向かう。バレンシアテストでは、新型マシンFW30のデビューが予定されている。

ウィリアムズ:ヘレス合同テスト2日目

2008年1月16日
81周を走りきったニコ・ロズベルグ
ウィリアムズは、ニコ・ロズベルグと中嶋一貴のドライバーがヘレスサーキットで2日目のテストを行った。

昨日よりもドライなコンディションの中、来週のバレンシアでデビューする2008年のマシンFW30に向けて、暫定マシンFW29Bを使いで準備を続けた。

4,238kmのトラックをニコ・ロズベルグは81周、中嶋一貴は68周を走りきり、システムチェック作業を成功させた。

ウィリアムズ、ヘレス合同テスト初日

2008年1月15日
特別カラーリングが施された暫定マシンFW29B
ウィリアムズは、ヘレスサーキットでレースドライバーのニコ・ロズベルグと中嶋一貴が暫定マシンFW29Bに乗り込み、プレシーズンテストを開始した。

満員のフィールドの中、2人のドライバーは、朝からの雨の中、2008年シーズンのためのシステム開発作業のために相当なマイレージを稼いだ。

ウィリアムズは、今年、いくつかの歴史的な記録を達成する。2台のクルマには、1月と2月のテストで6パターンの特別カラーの1つ目が施された。今週のカラーリングは、ウィリアムズの30周年、F1出走500戦、50,000ラップ走行という3つの記録に由来する。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム