元レッドブルF1のマーク・ウェバー 「フェルスタッペンは余裕で2回目のタイトルを獲る」
元レッドブル・レーシングのF1ドライバーであるマーク・ウェバーは、かつてのチームメイトであるマックス・フェルスタッペンとチームの組み合わせは、2022年のF1ワールドチャンピンを余裕で勝ち取れると感じている。

マックス・フェルスタッペンは、過去6レースのうち5レースで勝利するし、フェラーリのシャルル・ルクレールが苦戦している間に、ドライバーズランキングの首位で46ポイントのアドバンテージを獲得した。

レッドブルとフェラーリが持つパフォーマンス上のアドバンテージ、そして、マックス・フェルスタッペンのドライバーとして持つ多様性を考えると、マーク・ウェバーは、フェルスタッペンが2回目のF1タイトルを簡単に手にすることができる組み合わせだと考えている。

「レッドブルは今年のチャンピオンシップを支配し続けるだろう」とマーク・ウェバーはグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで語った。

「彼らは、タイヤのすべてのコンパウンド、ダウンフォースレベルで非常に優れた車を持っている」

「それは、すべての面におけるテニスプレーヤー、あるいは、すべてのホールにおけるゴルファーのようだ。ショート、ロング、チッピング、パッティング、ドライビング、レッドブルはすべてを行うことができる」

「レッドブルは現時点でほとんどすべての答えを持っている。マックスは残り3レースでそれを締めくくることができるだろう」

現在、マックス・フェルスタッペンのタイトルレースで最も近いチャレンジャーはセルジオペレスだが、レースで2勝近くのポイント差がある。マーク・ウェバーは、フェルスタッペンがレッドブル・レーシングのチームメイトを引き離すのに十分な武器を持っていると付け加えた。

「セルジオのことは大好きだが、シーズンを通して、マックスはより大きなポイントを蓄積していく方法を見つけるだろう」とマーク・ウェバーは語った。

「アゼルバイジャンでは、マックス勝った。それは非常に力強い勝利でした。それから、カナダでは、雨が降っていて、ドライ、コールド、トリッキーな中で、週末中のマックスは驚異的だ」

レッドブル・レーシングは、特にモナコでその勇気と反応性を示し、レースストラテジストのハンナ・シュミッツがドライコンディションの適切なタイミングでマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスをピットインさせるコールをリードした。

マーク・ウェバーは、レッドブル・レーシングがレースにアプローチする方法、そして、さまざまな状況に取り掛かる方法に自由を持っていると考えている。

「彼らが熱い戦いを好み、圧力の下で結果を出すことをを深く知っています」と彼は説明しました。

「戦略的に彼らは勇敢であり、彼らが持っているトロフィーキャビネットがあったとしても、分析による麻痺はない。彼らに仕事を与えれば、彼らはただそれをやり遂げる」

「レースストラテジストのハンナ・シュミッツは、僕がそこにいたとき、彼女はそこにいました。同じ人々が困難な時代と素晴らしい時代を経験してきた。それは僕が本当に尊敬していることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マーク・ウェバー / レッドブル