F1 ルノーF1
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、ルノーが2019年シーズンについて語っていたことが口先だけで中身が伴っておらず、鈍いスタートによってすでに“大きなプレッシャー”にさらされていると語る。

ルノーの両ドライバーは、F1アゼルバイジャンGPでフィールド後方でパフォーマンスを上げることができず、同じルノーのF1エンジンを搭載するマクラーレンからかなりの遅れをとった。

マーク・ウェバーは、2チーム間での相対的な比較はルノーにとって好都合ではないと語る。

「予想した通り、彼らにとっては長い道のりであり、やるべき仕事は大きい」とマーク・ウェバーは Wide World of Sports にコメント。

「彼らのパフォーマンスは口先だけで中身が伴っておらず、彼らのチームはすでに途方もないプレッシャーにさらされている」

「ルノーはオフシーズンにトップ3に挑戦できると言っていたが、そこからはまだほど遠い」

「チャレンジングなことだったし、彼らは信頼性にもいくつか問題を抱えていた、マクラーレンは同じエンジンで彼らを上回っているのも良くない。マクラーレンは現時点でずっと先を進んでいる」

マーク・ウェバーは、ルノーに移籍したダニエル・リカルドを心配し、再びリカルドのルノーへの移籍に疑問を投げかけた。
「ダニエルのシーズンはまだ始まっていない」とマーク・ウェバーはコメント。

「ルノーにとって非常にチャレンジングなことであり、彼らの目の前にある仕事量という観で、今沈み始めている」。
「ダニエルは運転の仕方を忘れたわけではないが、このスポーツでは調子はすぐに変ってしまう。ドライバーの勢いと彼のキャリアが挑戦的なものになってしまう可能性がある」

「彼は高く評価されているが、現時点で立場がよくないのは明らかである。それは明らかだ。結果が必要だし、表彰台でシャンパンを飲む必要がある」

「それがこの移籍について懸念していたことであり、チームが彼のために立ち上がって結果を出し始めることを願っている」

「毎月、パフォーマンスが発揮できないようであれば、他のマネージャーやエージェント、若手ドライバーが強引に割り込んでこようとするし、スポーツは非常に速く進む」

「ダニエルは過去にそれから恩恵を受けて、彼は急上昇したドライバーのひとりでした。今、ルノーは彼のために結果を出さなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マーク・ウェバー / ルノー