F1 マーク・ウェバー フェラーリ
マーク・ウェバーは、フェラーリに加入するチャンスがあったものの、それを断っていたことを明かした。

マーク・ウェバーは、レッドブル・レーシングが最も成功を収めた時期にセバスチャン・ベッテルのチームメイトを務め、2010年、2011年、2013年にチャンピオンシップを3位で終えている。

マーク・ウェバーは、2013年でF1を離れてポルシェからWECに転向。現在はレースを引退している。

マーク・ウェバーは、ライバルであるフェラーリで走るチャンスがあったことを Channel 4 に明かした。

「実際、モンテカルロでステファノ(ドメニカリ)とミーティングを行ったし、チームとの合意にかなり近づいていた」とマーク・ウェバーはコメント。

当時、ステファノ・ドメニカルはフェラーリのF1チーム代表を務めており、2010年、2011年、2013年にはフェルナンド・アロンソが2位でシーズンを終えていた。

「実際、ステファノと仕事をすることをとても楽しみにしていたけど、僕にとって契約期間が少し問題だった」とマーク・ウェバーはコメント。

「それに当時、ルカ・モンテゼーモロが僕に会いたがっていたし、イタリアで彼に会った。僕の方にはフラビオ(ブリアトーレ)がいて、ちょっとした腕相撲になった」

「でも、最終的にフェラーリと契約が2年契約だったらすぐにサインしたと思うけど、1年毎のオプションだった。それで最終的にレッドブルに留まることにした」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マーク・ウェバー | フェラーリ