マーク・ウェバー
マーク・ウェバーは、F1キャリアをフェラーリで終える可能性も“十分にあった”と認めた。

今月末のF1ブラジルGPを最後にF1を引退し、2014年からはポルシェでWEC世界耐久選手権に挑戦するマーク・ウェバーは、フェラーリがフェリペ・マッサの後任を探していた今年、フェラーリに移籍する可能性があったことを明かした。

マーク・ウェバーは「寸前までいっていた」と Speed Week にコメント。

「(レッドブルのオーナー)ディートリッヒ・マテシッツに電話をかけたくらいだ」

「でも、フェラーリとは合意できなかった。そうなっていたら、僕は今、フェリペ・マッサのクルマに乗っていただろう。2014年もね」

「自分に期限を設けていて、去年のカナダGP前の木曜日にもう1年レッドブルで続けようと決断した」

マーク・ウェバーは、ワールドチャンピオンにはなれなかったが、自身のF1キャリアには満足しており、張ってインテルラゴスのパドックから出ていくつもりだと述べた。

「そういう運命ではなかったみたいだ」とマーク・ウェバーは Auto Motor und Sportに述べた。

「でも、誇り高い、誠実なキャリアだった」

「1回だけのチャンピオンたちには劣っていないつもりだ。複数回のチャンピオンになれたか?と言われれば、答えは明らかにノーだけどね」

マーク・ウェバーは、レッドブルで緊張関係にあったチームメイトのセバスチャン・ベッテルの方が上手だったと述べた。

「セブは特別だ。それを認めることに抵抗はない」とマーク・ウェバーは述べた。

「僕は自分のことを、アイルトン・セナのチームメイトだったゲルハルト・ベルガーに似ていると思っている。ゲルハルトも偉大なレーサーだったけど、タイトルには手が届かなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マーク・ウェバー / フェラーリ