ヴァージン
ヴァージンは、2011年にロシアのライセンスでF1参戦することが来週発表されるという。

ロシアのスポーツカーメーカーで昨年ヴァージンをスポンサードしていたマルシャは、チーム株式を買収し、チーム名をマルシャ・ヴァージン・レーシングに変更した。

ヴァージンは、2011年マシン「MVR-02」を2月7日(月)にロンドンのBCテレビジョンセンターで発表。それに先立ち、今週マルシア・モーターズのニコライ・フォメンコ社長がエンジニアリングディレクターに就任した。

CEOには、マルシア・モーターズのイフギリス支社長のアンディ・ウェブが就任。ジョーダン、ミッドランド、フォース・インディアでコマーシャルディレクターを務めてきたイアン・フィリップスがCOOとして支える。

次の発表は2011年にロシアのライセンスでF1参戦。ヴァージンのドライバーがトップ3に入った場合は、ロシアの三色旗が表彰谷に掲げられることになる。

「2月7日(月)、我々はマルシャ・ヴァージン・レーシングが、最初のロシアチームであるだけでなく、ロシア・ライセンスでの初参戦であることを発表する」とニコライ・フォメンコは Ria Novosti に述べた。

「優勝すれば、ロシアの国歌が演奏されることになる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヴァージン