ジャック・ヴィルヌーヴ
ジャック・ヴィルヌーヴは、2011年にF1チームを率いることを諦めてはないと述べた。

FIAは、ヴィルヌーヴ/デュランゴとエプシロン・ユースカディのどちらも空席となっている2011年の13番目のグリッドの必要条件を満たしていないとし、新規チームを選出しないことに決定した。

「現在、僕たちは既存チームのひとつを買収するというプランBに目を向けている」とジャック・ヴィルヌーヴは Rue Frontenac の電話インタビューで語った。

しかし、ジャック・ヴィルヌーブは慎重になっていると認める。

「多分、もう少し高価になりそうだし、自由裁量があることを確実にしなければならない」

「選ばれなかったパートナーと一緒になることは望んでいない。契約が我々の計画と干渉するかもしれないしね」

「例えば、我々はマシンの設計に相当な自信を持っている。我々は既存デジアンを押しつけられるのではなく、それを使いたい」

ジャック・ヴィルヌーヴは、次のステップは彼のパートナーとじっくり腰を据えて進めることだと語る。

「ニュースを聞いたばかりなので、タイムテーブルは設定されていない。パートナーとじっくり腰を据えて戦略を確立しなければならない」

関連:
FIA、2011年の新規F1チームを採用しないことに決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジャック・ヴィルヌーヴ