ジャック・ヴィルヌーヴ
ジャック・ヴィルヌーヴは、FIAが2011年シーズンは13番目のチームスポットを空席にままにする意向であるとの報道を認めていない。

ジャック・ヴィルヌーヴは、イタリアのレースチームであるドゥランゴと協力し、来年の最後のグリッドをエプシロン・ユースカディと争っている。

しかし、今週報じられたところでは、どちらの候補も十分なエンジニアリングと財源を持っていないため、FIAは2011年の最終グリッドを空席のままにすることに決定したとされている。

報道では決定は一週間前になされており、水曜日にパリで開催される世界モータースポーツ評議会のあとにニュースが発表されるとみられている。

しかし、ジャック・ヴィルヌーヴはまだ期待していると Rue Frontenac に語った。

「僕がわかっているのは、僕たちは入札を誇りに思っており、FIAの設けたプロセスに従ったということだけだ」

「僕たちには今後3年間のための予算があるし、マシンのデザインも非常にうまく進んでいる。フェーズ1が完了に近づいている」

「僕たちは申請書を提出したし、次のフェーズに必要なのはFIAの承認だけだ」

ジャック・ヴィルヌーヴは、FIAがさらに新しいチームのF1参戦を許可することを慎重に議論していることを理解できると語る。

「USF1の失敗の記憶は、まだ彼らの心に新しい」

「彼らは13番目のスポットを得るチームが非常に堅実であることを確信したいんだと思う。僕たちは強力なのでそれに適している」

「会議のあと、彼らは十分に努力したかったんだと思う。それが発表が若干遅れている理由だと思う」

「僕たちはニュースを楽しみにしているけど、うろたえてはない」

「彼らの分析作業は進行している。僕たちが知っているのはそれがすべてだ」

関連:
FIA、2011年は新規F1チームを採用しないことに決定と報道 - 2010年9月7日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジャック・ヴィルヌーヴ