「フェラーリは初年度のルクレールの扱いを誤った」とヴィルヌーヴ
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、今年、フェラーリはシャルル・ルクレールの初年度の扱いを間違ったと考えている。

2019年はフェラーリにとって簡単なシーズンではなかった。4度のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルと新加入のシャルル・ルクレールとの間には緊張があり、2人のドライバーを巡る多くのインシデントがあった。

多くの人々はシャルル・ルクレールの台頭がフェラーリにとてシーズンの唯一ポジティブな点だったと考えているが、ジャック・ヴィルヌーヴは同意しない。

ジャック・ヴィルヌーヴは、フェラーリのシャルル・ルクレールを管理した方法に批判的であり、チームが4回のF1ワールドチャンピオンからゆっくりと学ぶようにルクレールに伝えていれば、もっと良いシーズンを過ごせたはずだと考えている。

「多くは2人のドライバーの相性に依存している」とジャック・ヴィルヌーヴは Formule 1 に語った。

「フェラーリはルクレールに『我々との初年であり、君のF1での2年目だ。リラックしてベッテルから学べ』とは決して言わなかった」

「そうしていれば、チームはもっと前進していたたと思う。代わりに、最初のレース『自分がボスでベッテルが全盛期を過ぎたことを示してやろう。僕が将来だ』というイメージを持っていた。

「ファンもルクレールがフェラーリの救世主だと考え、メディアもそれに応じた。それはベッテルを傷つけたと思う。レッドブル時代のリカルドのようにね」

「ルクレールは単にその役割を果たす準備はできていなかったので、フェラーリの助けにはならなかった。彼はポールを獲得したし、優勝さえした。だが、彼はチャンピオンを争う準備はできていなかった。そのような全体の状況がフェラーリにダメージを与えた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジャック・ヴィルヌーヴ / フェラーリ / シャルル・ルクレール