ジャック・ヴィルヌーヴ 「ウィリアムズは予算上限に値しない」
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、ウィリアムズのようなチームは予選上限に“値しない”と語る。

最後にウィリアムズでF1ワールドチャンピオンを獲得したドライバーであるジャック・ヴィルヌーヴは、最近のバックマーカーに甘んじているチームの努力にかなり批判的な発言を繰り返している。

「それに値しない小規模チームを支援するなんてなんというアイデアだ」とジャック・ヴィルヌーヴは Le Journal de Montreal にコメント。

「ウィリアムズのような組織にメルセデスやフェラーリと同じくらい速くなる権利はあるだろうか? 答えは明らかにノーだ」

「率直に言って、彼らの過去数年間の仕事ぶりは同じカテゴリーにさえ属していない」

F1は、2021年に予算制限を導入し、次のコンコルド協定ではより平等な収益分配が予定されている。

「私にとってそれは純粋な社会主義だ。F1はそれよりも価値があるものだ」とジャック・ヴィルヌーヴはコメント。

「上位3チームだけが1億7500ドルを費やすことになるだろう。ウィリアムズは昨年1600万ドルをポケットに入れた。経営陣と株主はそれで満足している」

「たとえ上限が5000万ドルだったとしても、ウィリアムズは2000万ドルを費やして最下位に留まるだろう。ジョークだね。誰も勝たない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジャック・ヴィルヌーヴ / ウィリアムズ