セバスチャン・ベッテル 「F1引退は長い間頭の中にあった」
セバスチャン・ベッテルは、2022年シーズンの終わりにF1から引退するという決定は決して容易なものではなかったと説明。そして、それは多くの理由で彼の心に重くのしかかったものだった...

先週、セバスチャン・ベッテルは、2022年シーズン以降もF1に留まるという「明確な意図」があると語っていた。しかし、F1ハンガリーグランプリに先立つ木曜日に、4回のF1ワールドチャンピオンは実際には今シーズンの終わりにF1から引退することを発表した。

セバスチャン・ベッテルは、F1引退という決定が長期間にわたって多くの考えを持って行われたと説明し、なぜ彼がその決断に至ったかについてオープンにした。

「昨日、引退するつもりであること、続けるつもりはないことをチームに伝えて最終決定が下されたけど、これに至るまでに多くの考えがあった。今が僕にとって他のことをするのに適切なタイミングだと思う」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「頭の中で、考えることに多くの時間を費やしたけど、物理的に家から離れて、子供たち、家族から離れてこともあるし、他のことも大きくなっていった。それは子供たちが成長していること以外にも、他の興味や見解がある。僕はそれらの声を無視することはできない」

「最終的にはその質問がどんどん大きくなり、それが僕が決定したポイントの中心になっていると思う。100%か0%かという決定ではなかった。今後レースを嫌いになるわけではない。僕はまだレースが大好きだ。でも、それが僕を別の方向に引き寄せる大多数かもしれない。僕の決断なので、道を譲るというわけではない。でも、別の方向に進むことに満足している」

セバスチャン・ベッテルは、F1引退について妻と多くの時間を費やして話し合ったと語る。

「妻と話すことに多くの時間を費やした。彼女はおそらく継続するという点で最初の支持者であり、最終的にはそれは僕の決定だと言ってくれた」

「人生で自分にとって、非常に意味のあるものを見つけられたのはとても幸運だったと思う。たくさんの喜びを与えてくれました。友達を作り、あらゆる種類の人々と出会い、世界を旅し、物事を見て、視野を広げるためのプラットフォームを与えてくれた」

「彼女は僕の決断でなければならないと言ってくれたし、とても協力的だった。もちろん、彼女は意見を持っている。でも、彼女はとても協力的だ。そして、最終的に『それはあなたが決めること。私はあなたのことを決めることはできない』と言ってくれた」

また、セバスチャン・ベッテルは、彼のキャリアの「中心人物」の一人として元ライバルのルイス・ハミルトンの名前を挙げた。

「以前にも同様の質問があった。覚えてる? そして、僕はたくさんの銀器を保管している」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「それ以上に、本当に思い出、感情、浮き沈み、出会った人々があるし、ルイス(ハミルトン)は明らかに中心人物の一人だ…そして友人たち。それは変わらない」

「それをすべてあきらめて、そういった人々のすべてに合えなくなるなら、はるかに難しい決断になるだろう。もちろん、今ほど定期的に彼らに会うことはなくなるし、それは非常に異るけど、友情と人々、そして、関係が変わることはない」

しかし、F1で15年のフルシーズンを戦い、4回のF1ワールドチャンピオン、53回の勝利、数々のF1記録を塗り替えてきたセバスチャン・ベッテルは、F1引退後の生活はそれほど簡単ではないかもしれないと認める。

「正直なところ、今後については怖くもある。ぽっかり穴が開くかもしれない。それがどれほど深いのか、それから抜け出せるのかどうかは分からない。でも、僕にはたくさんのサポートがあり、これまで僕を助けてくれた多くの人々がいる。彼らは僕を助け続け、方向性、ガイダンスを与えてくれると思う。10年後には自分自身のより良いバージョンになっていると思う」とセバスチャン・ベッテルは語った。

今年、アストンマーティンは、新しいレギュレーションに沿った新世代F1マシンで苦戦を強いられているが、セバスチャン・ベッテルは、チームの進歩の欠如が彼の決定に影響を与えてはいないと断固として主張した。

「目標は常に勝ち、フロントで競争することだった」とセスチャン・ベッテルは語った。

「過去にたくさんの素晴らしい車やチームを持っていたので、たくさんのことを成し遂げることができたのはとても光栄なことだと思う。素晴らしさという点では、素晴らしさという点では、このチームは以前のどのチームと比べても不足していないけど、もちろん、僕たちのパッケージは望んでいたほど強力ではなかった」

「だから、フロントポジションを争うことできなかった。dめお、努力、チームスピリット、クオリティの面では、すべての適切な要素が揃っていると思う。チームは来年、その後の年に進歩すると思う」

そして、セバスチャン・ベッテルは、F1引退の決定は心の重みを取り除き、2022年の最後の10回のグランプリへのモチベーションを維持することを容易にしたと語る。

「残り10レースに向けてモチベーションを上げるのに苦労することはないと思う」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「少しその反対に感じている。もちろん、この決定は長い間頭の中にあり、正直に言うと、非常に多くのエネルギーを費やしてきたし、時には少し気が散ってしまうこともあった。だから、とても安心してこれからのレースを楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / アストンマーティン