セバスチャン・ベッテル 「僕とチームにとって大きな意味のある2位表彰台」 / アストンマーティン F1アゼルバイジャンGP 決勝
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルは、2021年のF1世界選手権 第6戦 F1アゼルバイジャンGPの決勝レースで2位表彰台を獲得。この表彰台は自分とアストンマーティンにとって「大きな意味がある」と語った。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、11番グリッドから9つ順位を上げた。このレースでは、レースリーダーのマックス・フェルスタッペンがフィニッシュ残り5周で劇的なタイヤ故障に見舞われた。

ルイス・ハミルトンは、マックス・フェルスタッペンの不運を利用する機会を逃した。レースのリスタートで、セバスチャン・ベッテルはあらゆる機会を利用して、チェッカーフラッグをセルジオ・ペレスの後ろで迎え、表彰台に立つチャンス獲得した。

新生アストンマーティンF1にとって最初の表彰台を獲得したセバスチャン・ベッテルは、久しぶりとなる最高の週末を振り返った。

「これはチームにとって大きな意味があると思う」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「もちろん、僕たちにとって厳しいスタートだったけど、素晴らしいレースだったと思う」

「僕たちには良いペースがあったし、それが鍵だった。良いスタートを切って、すぐにいくつかのポジションを上げて、みんながピットに入るとすぐにタイヤの労わった」

「少なくとも裕毅(角田)をオーバーカットできる本当に良いペースがあったし、その後のリスタートは見事に機能した。そこでさらに2つのポジションを得た」

「もちろん、フレッシュなタイヤを履いていたので、それがタイヤを温めるのに役立ったと思う」

「素晴らしい日だ。チームのためにとても嬉しい。素晴らしい結果だ。もちろん、表彰台は…僕たちがここに来たときはそんなこと予想していなかった」

「でも、金曜日にすでにいい感じだった。とてもリラックスしていたし、昨日はうまくまとめられなかったけど、今日はさらにスウィートだ」

セバスチャン・ベッテルは土曜日にQ3を0.3秒遅れで逃したことに苛立ちを感じていたが、それによってレースのリスタートのためのフレッシュなソフトタイヤをキープできた。

また、セバスチャン・ベッテルの戦略に柔軟性を持たせる機会を与えるために最初のスティントを伸ばした。それは強いレースペースの背後にある主な理由の1つだと語った.

「戦略的には、もっと上位からスタートする方がいつだって良いけど、新品タイヤを履けるので痛手ではなかった。他の人はすでに予選からラップをしているからね」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「それは僕たちがより長く走らるに役立ったけど、タイヤを本当にうまくセーブできたし、それが秘密だ。ソ連加えて、レースでペースがあった」

「さっき言ったように、クルマのフィーリングは良かったし、それが前進し続けるための鍵だった」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / F1アゼルバイジャンGP / アストンマーティン