セバスチャン・ベッテルの移籍、ペレスの契約解除でCRBの判断待ち? / アストンマーティンF1
セバスチャン・ベッテルの2021年のアストンマーティンF1移籍は、チームとセルジオ・ペレスの契約をCRB(契約承認委員会)がどのように判断するかにかかっているようだ。

この報道が真実であれば、セルジオ・ペレスの2022年までの契約が有効であるか、もしくはチームがペレスとの契約を解除してセバスチャン・ベッテルのためにシートを空けることができるかをCRBが処理することになる。

F1ドライバーがチームとの契約にサインする場合、契約書はCRBに提出する必要がある。すべてのドライバー契約には、関係者がCRBの決定を尊重することに同意する条項が含まれている。

CRBは、裁判所の訴訟を必要とせずに、契約上の紛争を解決するために存在する独立機関であり、パリの国際商工会議所の国際仲裁裁判所によって任命された、異なる国籍の4人のヨーロッパの弁護士のパネルで構成されている。CRBの管理はジュネーブの公証人によって処理され、すべての会議はスイスの都市で行われる。

それらの会議では、パネルは係争中の契約の条件を読み、その契約が有効かどうかを決定する。CRBが決定を下すと、チームはその決定を尊重することを約束するが、だからといって、2つの当事者が和解に同意して契約をキャンセルできないことを意味するわけではない。

F1チームがドライバーに彼を走らせたくないことを明らかにした場合、問題を強制しようとすることはかなり無意味であり、唯一の解決策は適切な取引を交渉することにある。ほとんどの契約には、チームがドライバーにマシンを提供しなければならないという条項があり、最善の方法は、関係するチームが別のチームにドライバーを乗せて、他の条件はそのままにしておくのが最善の方法となる。それが不可能な場合は、金銭的決済が必要となり、ドライバーは自分で手配することができる。

CRBは、ベネトンがミハエル・シューマッハを乗せるためにロベルト・モレノとの契約を破棄することを決定した1990年代初頭に設立された。このケースでは、チームに対して差し止め命令が出され、シューマッハがモレノの車を運転する前に金銭的和解が要求された。CRBプロセスは秘密裏に行われ、行われた決定は、情報を漏らしたり、手順についてコメントしたりしないように義務付けられている。

報道では、セルジオ・ペレスは、アルファロメオ・レーシングもしくはハースに移籍する可能性がある報じられているが、どちらも格下のチームであり、ペレスは競争力のあるマシンを諦めることを強いられるので、あまり魅力的な選択肢ではない。ただし、F1で続行したい場合は、可能な限り最高のソリューションを取得する必要がある。

レーシング・ポイントには多額の費用がかかる可能性があるが、セバスチャン・ベッテルを獲得することでより多くの資金を調達できる可能性もある。

セバスチャン・ベッテルは、これまで決断を下していないが、レーシング・ポイントがこのプロセスを開始しており、ベッテルは少なくともチームにそのような移籍を検討する意思があると伝えている。

セバスチャン・ベッテルが、走ることを望んでいるというなんらかの兆候がなければ、このような事務処理に着手し、現在のチームのリードドライバーであるセルジオ・ペレスを遠ざけることは無意味だ。

このような動きは明らかにF1ドライバーのモチベーションに影響を与える。それはセルジオ・ペレスがF1ハンガリーGPの週末にランス・ストロールによって追い越された理由を説明するかもしれない。

セルジオ・ペレスはいくらか過小評価されているトップドライバーだが、セバスチャン・ベッテルが市場に出ている状況になってしまったことは残念だ。ペレスにとってはキミ・ライコネンの代わりにアルファロメオにとって良い選択かもしれない。最近ではチームは多少異なるが、2011年と2012年にマクラーレンに移籍する前にヒンウィルのチームに所属していた。

スイスのチームはフェラーリの顧客として、フェラーリ自体と競争することはほとんど望んでおらず、フェラーリは現在エンジンのパフォーマンスが低下しているため、エンジンが凍結されることで長期的な問題になる可能性がある。

もう1つの重要な問題は、アルファロメオがスイスチームのスポンサーを継続するかどうかは不確かであり、同じレベルで資金を継続できるかどうかにある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / セルジオ・ペレス / レーシングポイント / アストンマーティン