セバスチャン・ベッテル、フェラーリF1離脱劇の心境を告白
フェラーリF1のセバスチャン・ベッテルは、新型コロナウイルス危機が自分との契約を更新しないという方針転換のきっかけとなった主張するチーム代表のマッティア・ビノットの発言に異議を唱えた。

F1オーストリアGPの開幕に先立ち、マッティア・ビノットは、フェラーリF1にとってセバスチャン・ベッテルがファーストチョイスだったが、新型コロナウイルスにパンデミックによってチームの環境が変わったと語っていた。

「新型コロナウイルスのパンデミックの状況はモータースポーツ、F1だけでなく、世界全体を変えたと思う」とマッティア・ビノットは語った。

予算上限は大幅に変更され、非常に厳しいものとなった。レギュレーション変更は2021年から2022年に延期されました。それは私たちにとって重要なことだった。マシンは2020年から2021年までほぼ凍結される。全体の状況が変わった」

「それにより、フェラーリとしてシャットダウンしたとき、我々は最終的に自分たちの立場を再考する必要があったし、私たちは我々の決断を下した」

先週、セバスチャン・ベッテルは2021年に彼を放出するというフェラーリF1の決定について質問された際、そのニュースはマッティア・ビノットからの“驚き”の電話で伝えられたものであることを明かしていた。

ServusTV に出演したセバスチャン・ベッテルは、さらにフェラーリF1の離脱劇の背景をさらに詳しく語った。

「過去5年間は、両サイドが目標と考えていたものをもたらせなかったと思っている。それでも、いずれにしろ継続して目標に取り組むという選択肢はあったと思う」とセバスチャン・ベッテルは語る。

「同じように伝えられていた。『続けたい』と言われていたんだ。いきなり電話がかかってきて、『オファーはしない、将来はない』と言われるまではね」

「まずは驚いたね。新型コロナウイルスなどの条件、今それについてくどくどと言いたくはないけど、それらがそれほど決定的だったとは思っていない」

「財政面で合意できなかったという報道もあった。それはまったく問題ではないし、問題にはなかっただろう」

「F1に長く携わり、幸運にも成功し、その一方である程度の自立できていれば、財政面は障害にはならないと思う。だから、そういう風に報じられたのは驚いた」

「でも、まあそういう決定だった。僕としては問題はないし、そのまま受け入れる。それでも、今年はまだ仕事をするし、昨日よりも良い仕事をして、良い終わり方をするためにもチームのためにベストを尽くそうとしている」

セバスチャン・ベッテルは、将来の計画はまだオープンだと主張するが、適切な環境でレースを継続したいと語る。

「正直、まだ決心していないし、自分自身もまだ分からない。もちろん、適切な環境を見つけることが重要だ。過去5年間、多くの点で非常に楽しんだ。でも、多くのエネルギーを使った過去5年間でもあった」

「当時の目標はチームを再建することだった。両サイドであらゆることを試したのは確かだ。でも、結局、タイトルは獲れなかったし、両サイドがそれに失敗した。それが大きな目標だった」

「今、僕にとってこれは新しい状況だ。自分のために良いこと、楽しいことを見つけることが重要だ。それが非常に重要だと思っている」

「さっきも言ったけど、財務面はまったく重要ではない。当然ながら、僕はまだ非常に野心的だ。モータースポーツは僕の人生だ。ここ3か月が少し異なっていることを除けば、他の生き方を僕は知らない」

「でも、本当にそれを逃したくはない。適切な仕事と適切な場所があれば、まだF1カーをかなり気楽に感じることができる。今後数週間、数か月は自分自身にも光を当てると思う。どんなことが可能か、何がやりたいかにね」

セバスチャン・ベッテルは、マッティア・ビノットから電話を受けた直後に、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムートマルコに連絡したと語った。

「その決定の直後に彼に電話したた。でも、『ヘルムート、場所はある?」と尋ねたわけではない。彼とはとても仲がいいし、長年の親友だ」

「彼にアドバイスを求めた。彼に現状を説明した。彼は何も隠さずに話してくれる。だから彼と話をした。どうなるかはまだわからない。その話し合いは僕自身の考えのためのものだった」

また、メルセデスF1加入の可能性については、同チームには自分のためのシートはないと考えているとセバスチャン・ベッテルは語る。

「そのチームは現状にとても満足しているし、とてもうまくいっていると思う。過去数年がそれが正しいことを証明している。彼らがそれに続けたいと考えることは理解できる。この件についてはまだ決定が下されていない。理論的には両方の場所がまだ空席だ。でも、ルイスが望めば残留できるのは明らかだ。昨日を終えて(F1オーストリアGPで優勝)、バルテリもそうだろうね」

セバスチャン・ベッテルは、3つの選択肢があることを認める。2021年のシートを見つけること、1年離れて2022年に戻ること、そして、引退することだ。

「少なくとも僕の考え方だけど、ドアを閉める決心をしたなら、再びそれを開く望みがあるような方法でそうするべきではないと思う。最初からそれがクリアではない限りね」

「ドアを閉めたままにする覚悟ができていなければならないと思う。言い換えれば、何らかの理由でドアが開かない場合、決定を後悔するようでは駄目だと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ