セバスチャン・ベッテル 「フェラーリF1から契約延長のオファーはなかった」
セバスチャン・ベッテルは、フェラーリF1から2021年シーズンのための新しい契約オファーをなかったと明かし、チームに契約を延長する意思がなかったことからチームを去ることになったと語った。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、2014年にフェラーリF1に加入。しかし、チームとティフォシが期待したタイトルをマラネロにもたらすことはできていない。

そして、F1が休止期間中の5月、セバスチャン・ベッテルが2020年シーズン限りでフェラーリF1を離れることが発表されている。マッティア・ビノットは、セバスチャン・ベッテルと議論したものの、両者がもはや“短期的にも長期的にも同じ目標を共有していない”という結論に達したと述べていた。そのため、ベッテルはセバスチャン・ベッテルのナンバー2を受け入れることを拒んだと理解されていた。チームはすでに後任としてカルロス・サインツと契約を結んでいる。

しかし、今週末にシーズン開幕戦の舞台となるオーストリアで久々にメディアの取材を受けたセバスチャン・ベッテルは、フェラーリF1から新契約のオファーはなかったとし、マッティア・ビノットから電話で2021年シートはないことを知らされた時は“驚いた”と語った。

「何も障害はなかった。マッティアから電話が来て、来年チームは一緒に続ける意向がないことを知らされた時は驚いた。何も話し合わなかったし、オファーも出されなかった。だから、引っかかることは何もなかった」

このことから、フェラーリF1はすでにセバスチャン・ベッテルをどのように評価していたかが伺える。

セバスチャン・ベッテルは2021年のバックアッププランはないとし、今はオプションを検討しているところだと述べた。

「現段階では何も・・・もちろん、先のことについては自分と自分の将来のために正しい決断をしたいと思っている。僕は非常に競争力があると思っているし、スポーツで多くのことを成し遂げてきた。モチベーションはあるし、もっと達成したいと思っている」

「そのためには正しいパッケージ、周りに適切な人々が周りに必要だ。それが今は僕が探しているものだ。適切な機会があれば、答えは非常に明確だ。そうでない場合は、おそらく他の何かを探す必要があるだろう」」

将来について慌てて結論を出すつもりはない強調するセバスチャン・ベッテルだが、今年でF1を去ることになった場合、サバティカルの後で復帰することはないだろうと述べた。

「どうだろうね。適切な条件がまとまって、僕も続けたいと思うならば、まだまだやれると感じている。そうならずに何もまとまらなかった場合は、言った通り、何かを他のことをするタイミングなんだとオム」

「ドアを閉めると決めて、一旦口に出したなら、そのドアを閉める覚悟を持つべきだという信念を持っている。だから、閉めたなら再び開けることは考えない。その時に自分がする決断をきちんと理解する必要がある。だから急ぐつもりはない。今後数週間、数カ月で明快さをもたらしてくれるだろう」

すでにチームを離れることが決まっているドライバーがいるという状況は、チーム内で大きな影響を及ぼすことになりそうだ。特に最後のシーズンとなるセバスチャン・ベッテルと契約を5年間延長してフェラーリF1の将来と目されるシャルル・ルクレールとの関係は注目が集まる。昨年、二人はコース上でバトルを繰り返し、F1ブラジルGPで同士討ちによる両者リタイアという結末をもたらした。

フェラーリF1は2019年にしばしばチームオーダーを出したが、必ずしもドライバーが素直に受け入れるものではない。F1ロシアGPではセバスチャン・ベッテルがシャルル・ルクレールにポジションを譲ることを拒否している。

最後の年と分かっていることで、チームオーダに従うつもりはあるかと質問されたセバスチャン・ベッテルは「僕はいつだってチームと一体化しようと努力してきた。フェラーリにいる間もずっと同じだ」とセバスチャン・ベッテルは語る。

「コース上でいくら成功したくても、同時にチームのためにもドライブしている。今年はとても答えづらいね。どんな年になるのかわからないし、競争力のレベルなども不明だ」

「当然、そういった状況になって、完全に理解できるものであれば、ドライバー同士で助け合うと思う。それは契約が切れるからとか、チームを去ることとは全く関係ない。でも、言った通り、自分のためにレースをしているというものあるので、どうぞどうぞとシャルルに譲って、彼の楽にしてあげるつもりはない」

「僕たちは過去のバトルを楽しんでいたと思うし、これからもそうなると思う」

セバスチャン・ベッテルは、2021年にルノーF1、もしくはアストンマーティンに名前を変えるレーシング・ポイントが選択肢だと考えられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ