セバスチャン・ベッテル 「予選では堂々と戦えるはず」
フェラーリは、F1シンガポールGPの初日にメルセデスと張り合うことはできなかったが、セバスチャン・ベッテルは予選でライバルを激しくプッシュできると確信していると語る。

ルイス・ハミルトンは、マリーナ・ベイ・サーキットでの2回目のフリープラクティスセッションで1分38秒773の最速タイムをマークしたが、ベッテルは0.818秒遅れの3番手だった。

メルセデスは、F1シンガポールGPで最も好調なチームだと考えられているが、セバスチャン・ベッテルはフェラーリが予選とレースにむけて進歩を果たすことができると考えている。

「メルセデスは今日とても強かったと思うし、1周やタイムだけでなくてもそれがわかったと思う」とセバスチャン・ベッテルは MotorsportWeek.com に語った。

「全体的には彼らの方が少し速かったと思う。僕たちに関してはもっとうまくやれると思うし、マシンを改善できると思っているので、どうなるか見てみよう」

「僕たちは今日もっと近づけたはずだし、明日の予選ではもっと拮抗して、公平な戦いができることを期待している」

セバスチャン・ベッテルは、最もスムーズなセッションではなかったと認めているが、セットアップを微調整すれば、残りの週末は”問題ないはず”だと感じていると語る。

「バランス不足だった。グリップを少し違った配分にしなければならない。フロントに少し苦しんでいるし、ロングランではすべてが少し熱くなりすぎて、スライドしすぎていた」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「ショートランのラップは、僕たち二人ともトラフィックがあったのであまりクリーンではなかったし、判断するには素晴らしいものではなかったが、全体的にバランスを微調整し、マシンを改善することができると思っている。どうなるか見てみよう」

「レッドブルが今日どこにいたか言うのは難しいし、彼らの走りがクリーンだったかどうかもわからない。明日の予選では十分なタイヤとショットを持っていると思う。どうなるか見てみるつもりだ。大丈夫なはずだ。それほど離されていないことを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ / F1シンガポールGP