F1 セバスチャン・ベッテル 「自分たちの弱点や集中すべき部分はわかっている」
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1イタリアGPのフリー走行1回目を3番手で終えた。

「まずまずな一日だったけど、クルマからはもっと引き出せるはずだ。FP1はちょっと断片的なセッションだった。赤旗後、信号が青になるたびに全チームがコースに向かっていった。いつもの金曜日のリズムはなかったけど、最も重要なのはしっかりと周回を重ねることができて、自分たちの弱点や集中すべき部分がわかっていることだ」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「予選についてはコンディションがどうなるかを見守る必要がある。アウトラップをどれくらい慎重に走る必要があるのか、タイヤがどう機能するかなどね。まずはそこからだ。ここではトウが使えるとうれしいし、パーフェクトなラップを決めること最優先だ」

「レース前は、とにかくクルマを改善して全体的に速くしたいと考えるものだ。タイヤをセーブしながら良いパフォーマンスを発揮できるクルマが必要だ。僕たちにはやるべき仕事があるし、明日はもっと見出だせると思っている」

関連:F1イタリアGP フリー走行2回目 | シャルル・ルクレールがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ / F1イタリアGP