F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
セバスチャン・ベッテルは、今シーズンからフェラーリのチーム代表を務めているマッティア・ビノットを擁護した。

今年1月、フェラーリはそれまでチーム代表を務めていたマウリツィオ・アリバベーネに代えて、長年にわらって技術部門を束ねてきたマッティア・ビノットを新チーム代表に就任させるというチーム体制の変更を行った。

しかし、フェラーリは今シーズンもF1ワールドチャンピオンに手が届かないばかりか、レッドブル・ホンダにナンバー2の座を奪われかねない状況に陥っている。

だが、セバスチャン・ベッテルはフェラーリがマウリツィオ・アリバベーネに代えてマッティア・ビノットをチーム代表に据えたのは正しかったと考えている。

「彼ら2人を比較するのはフェアなことではないと思う。毎年、あらゆる状況が違っているからね」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「今の状況は簡単なものではない。僕たちはシーズン前半を望んだような形で終えることはできなかった。それでも、チームの全員が集中して、冷静さを保っている」

マッティア・ビノットの果たしている役割について質問されたセバスチャン・ベッテルは「彼の役割は以前とは違っている。でも、チームは12か月前とほとんど同じだ。僕はそれは良いことだと思っている」

「僕たちは改善しなければならない。チームとしてさらに強くなる必要がある。僕たちが正しい方向性を選択できたかどうかは数か月たって初めて分かることだ」

「でも、マッティアはとてもよくやっているし、みんなをひとつにまとめ続けている。同時に、彼は僕たちに自分たちの目標を思い出させてくれている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ