F1 セバスチャン・ベッテル
F1カナダGPでのペナルティに対する再審請求を却下されたフェラーリのセバスチャン・ベッテルは不満を爆発。F1はドライバーに自由にレースをさせるべきでは、“ルールブックなど燃やしてしまえ”と語った。

セバスチャン・ベッテルは、F1カナダGPでトップでチェッカーを受けたものの、コースオフした際にルイス・ハミルトンの前で安全ではない方法で合流したとして5秒加算ペナルティを科せられ、勝利を失った。

フェラーリは、この裁定に不服としてFIAに再審を請求。F1フランスGPのフリー走行終了後に聴聞会が開かれ、フェラーリは裁定を覆すべき“新しい証拠”を提出したが、“重要性や関連性”がないとしてその請求を却下した。

この決定を受け、セバスチャン・ベッテルは「責任はみんなにある」とコメント。

「問題はこのようなことに僕たちが傷ついていることにあると思う。ずっと前から続いている。白線を踏んだか? 縁石を使いすぎてないか? などね。僕たちのやりたいようにやらせてほしい」

「僕たちのレースのやり方、運転の仕方が気に入らないのであれば、違うコースを作ってほしいね。そのくらい簡単な話だと思っている。今のF1はまるでラインと縁石が設置された駐車場だ」

「それが現実と言っていいだろう。ルールが多過ぎる。でも、何を変えられる? あんなルールブックは燃やしてしまえばいい」

再審請求が決定され、今後どうするつもりかと質問されたセバスチャン・ベッテルは「引退でもしようかな!? そうすればもうトラブルに巻き込まれなくて済む。冗談だけどね。どうでもいい」と自虐的に語った。

フェラーリのF1チームを務めるマッティア・ビノットは、F1にとって残念な一日になったと落胆する。

「フェラーリとして我々全員が、非常に悲しく思いをしており、失望している」とマッティア・ビノットはコメント。

「もちろん、フェラーリとしても残念なことだが、我々のファン、そしてこのスポーツにとっても残念なことだ。これ以上コメントするつもりはない」

関連:FIA、ベッテルのペナルティに対するフェラーリの再審請求を却下

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ