F1 セバスチャン・ベッテル
F1カナダGPでセバスチャン・ベッテルの勝利を犠牲にした5秒加算ペナルティの正当性が論争の的となっているが、レース後にベッテルが行った行為こそペナルティを科せられるべきだとの意見もある。

F1カナダGPでポールポジションからスタートしたトップでチェッカーを受けたセバスチャン・ベッテルだったが、コースオフした際の合流方法が“安全ではなかった”として5秒加算ペナルティを科せられて2位に降格した。

このペナルティはF1界で大きな論争を生んでいるが、レース後にセバスチャン・ベッテルが行った行為こそペナルティを科せられるべきだとの意見がある。

裁定に不服のセバスチャン・ベッテルは、トップ3フィニッシャーのための位置にマシンを停めずにレースコントロールの近くに駐車し、トップ3インタビューを受けずにホスピタリティエリアへと直行。

その後、表彰式に戻ってきたセバスチャン・ベッテルだが、途中でルイス・ハミルトンのクルマの前からナンバー1ボードを取り上げて、自分のマシンが駐車されるべきだった場所に置き、ハミルトンのマシンの前にナンバー2のボードを置いて裁定に無言の抗議した。

ラルフ・シューマッハは、セバスチャン・ベッテルのそれらの行為は「本当に恥ずかしいものだ」とコメント。

また、スペインの Marca は「マックス・フェルスタッペンがエステバン・オコンを小突いたときのように、権威や他の競争相手への癇癪や侮辱は適切に制裁されなければならない」と報道。

「UEFA(欧州サッカー連盟)であれば、躊躇せずに6~8レースの出場停止処分にするだろう」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ベッテル | フェラーリ