F1 セバスチャン・ベッテル
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1カナダGPでの勝利をスチュワードに奪われたと感じており、今日のF1は“僕が恋に落ちたスポーツではない”と語った。

ポールポジションからスタートしたセバスチャン・ベッテルは、待望の自身とフェラーリの今季初勝利に向けて順調にレースを進めていた。しかし、ターン3とターン4でミスを犯してコースオフ。ハミルトンの前で戻ったが、スチュワードはハミルトンをウォールに追いやったとみなし、5秒加算ペナルティを科した。

セバスチャン・ベッテルはトップでチャッカーを受けたが、5秒以上のリードを築くことはできず、最終リザルトは2位となった。

「僕は本当にレースを愛している。僕は純粋主義者だ」とセバスチャン・ベッテルはレース後の記者会見でコメント。

「今日の裁定だけではない。他にもいろいろな裁定があった。そして、今の僕たちには無線で話すときの言い回しがある。公用語があるけど、すべて正しくないと思う。僕たちは考えていることを言うべきだ。でも、それはできない」

「これまで何度も目にしてきたこのような不満のすべてに納得いっていない。レースなんだ。それは常識だ」

「この点で僕はスポーツの今の姿には同意できない。僕たちにはこのような言い回しがある。『僕はアドバンテージを得た』『僕はアドバンテージを得ていない』『僕は接触を避けた』などね。間違っていると思うんだ。それは実際に僕たちがクルマのなかでやっていることではない」

「最近のそのようなことは好きではない。僕たち全員が公用語を使ってちょっと弁護士みたいだし、それは人々にとってもスポーツにとっても良いことではないと思う」

「究極的に言えば、僕が子供の頃に観ていて恋に落ちたスポーツではなくなっている」

セバスチャン・ベッテルは、改めて故意にルイス・ハミルトンをウォールに追いやったり、前を遮ったりしたわけではないと主張した。

「コースに戻り、クルマをコントロール下に収めようとしていた。コントロールを取り戻して、問題ないことを確認したところで、ミラーを見たらすぐ後にルイスがいた」

「何か違ったことができたとは思わない。何が問題だったのかわからない」

もっとやれることはなかったのかと質問されたセバスチャン・ベッテルは「ノー。どうやって?」と返答。

「僕たちには2つの手があって、クルマの制御し続けるためにステアリングを握っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ