F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 2018年のF1世界選手権
セバスチャン・ベッテルは、フェラーリの2018年F1マシン SF71Hに“ローリア(Loria)”という名前をつけた。

セバスチャン・ベッテルは、マシンに女性的な名前をつけたり、ブーツの紐にラッキーコインを挟むなど、舷担ぎをすることで有名。

毎年、開幕戦にベッテルがF1マシンにどのような名前をつけるのか注目されている。

例年通り、今年もオーストラリアGPにむけてマシンに名前が付けられ、2018年のマシンは“ローリア”と名付けられた。

「新しい名前を考えたよ・・・ローリアだ!」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「どうなるかはわからないけど、今年僕たちが本当に良い結果を出すことができれば、イタリアで少なくとも何人かの女の子にローリアという名前がつけられるかもしれないし、そうなったら素晴らしいね!」

「僕たちは毎日じっくりと何か楽しいことを考え出そうとしている。背景にちょっとした理由もつけてね。どうなるか見てみよう。物語は始まったばかりだし、シーズン後半に文字を追加するもあるかもしれないしね・・・」

セバスチャン・ベッテル F1マシンの名前

2008年 トロ・ロッソ STR3 … “ジュリー
2009年 レッドブル RB5 … “ケイト” “ケイトの汚れた妹” “妖艶なセディ
2010年 レッドブル RB6 … “官能的なリズ” “淫らなマンディ
2011年 レッドブル RB7 … “変態カイリー”、
2012年 レッドブル RB8 … “アビー
2013年 レッドブル RB9 … “飢えたハイヂ
2014年 レッドブル RB10 … “スージー
2015年 フェラーリ SF15-T … “イブ
2016年 フェラーリ SF16-H … “マルゲリータ
2017年 フェラーリ SF70H … “ジーナ
2018年 フェラーリ SF71H … “ローリア

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ