セバスチャン・ベッテル F1日本GP ヘルメット
セバスチャン・ベッテルは、F1日本GPのために東日本大震災に見舞われた日本への特別なメッセージを込めたヘルメットを用意した。

F1日本GPにむけて「日本のみんなに笑顔や喜びを与えたい」と述べていたセバスチャン・ベッテル。

昨年は日の丸をイメージしたデザインを用意したセバスチャン・ベッテル。今年のヘルメットには東日本大震災に見舞われた日本にむけて、上部に日本語で“絆”の文字が入れられた。

「ヘルメットの上部にメッセージを込めている。“絆”というね。これは“bond of friendship(友情の絆)”という意味なんだ。地震などがあったけど彼らは団結していた。とにかく、みんなで団結して、お互いに支え合いたいんだ」とセバスチャン・ベッテルは述べた。



関連:
ジェンソン・バトン、F1日本GP特別ヘルメット
ヴィタントニオ・リウッツィ、F1日本GP特別ヘルメット

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ベッテル | ヘルメット