マックス・フェルスタッペン 「イモラの週末がF1タイトル争いの転機」
マックス・フェルスタッペンは、2022年のF1ワールドチャンピオンへの望みが“復活”した週末としてイモラでの第4戦エミリア・ロマーニャGPを挙げた。

マックス・フェルスタッペンは、2022年シーズンの最初の3レースのうち2レースでポイントを獲得できなかったスタートが「かなりひどい」もので、F1タイトルを2連覇するチャンスは終わったと感じていることを認めている。

マックス・フェルスタッペンは、バーレーンとオーストラリアでレッドブル・レーシングの別の燃料の問題により2位から脱落し、フェラーリのライバルであるシャルル・ルクレールがドライバーズランキングで急上昇する道を開いた。

しかし、マックス・フェルスタッペンはシャルル・ルクレールの46ポイントのアドバンテージを覆し、最終的に記録破りの15回の勝利でタイトルを獲得した。

レッドブル・レーシングは、RB18の技術的な問題を修正し、技術的なトラブルや事故、戦略とドライバーのミスに遭遇したフェラーリの開発を上回った。

シーズン序盤の低迷を振り返り、マックス・フェルスタッペンは「今年はかなりひどいスタートを切ったので、当時はチャンピオンシップを争うことはできないだろうと思っていた。でも、事態は本当に急速に好転し、クルマはさらに競争力を高めまた」

「勝利という点では、僕たちにとってクレイジーな年だった。本当に楽しかった。もちろん、今年の初めには想像もしていなかったことだ」

シーズンのどの時点でチャンピオンシップが「復活した」と思うか質問されたマックス・フェルスタッペンは、ポールポジションを獲得し、スプリントで優勝し、グランプリで優勝し、ファステストラップを記録した第4戦エミリア・ロマーニャGPの重要性を指摘した。

「イモラの週末はとても良かった。僕たちは本当に力強い週末を過ごした。そして、もちろん、ルクレールとの差は徐々に縮まっていった。それは通常、常に良い兆候だ」とマックス・フェルスタッペンはコメントした。

「当時、僕たちはこれ以上リタイアする余裕はなかった。もちろん、ギャップが非常に大きくなっていたし、リタイアする可能性もあったけど、当時、今年の早い段階ですでに2つのDNFがあったため、すぐに状況を好転させた」

「正直なところ、どのレースでタイトル争いに戻ったと考えたかはあまり覚えていないけど、チームとして、イモラはそのような結果を得るために非常に重要な週末だったと思う」

マックス・フェルスタッペン F1 レッドブル・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル