マックス・フェルスタッペン 「長期戦に耐えられないドライバーはF1を辞めるべき」
F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、熾烈で長期にわたるタイトル争いへの準備ができていないドライバーはF1を辞めるべきだと語る。

2022年F1シーズン後半に圧倒的な強さを発揮したマックス・フェルスタッペンは、10月F1日本GP(第19戦)で2度目のドライバーズ タイトルを獲得して、タイトル争い早期に締めくくった。

それは2021年のマックス・フェルスタッペンのF1初タイトルの成功とはまったく対照的だった。最終戦F1アブダビGPまでもつれ込んだタイトル争いは、FIAがレース終了間際のセーフティカーのリスタートをイレギュラーに処理したことで物議を醸した状況で終わった。

マックス・フェルスタッペンは、2021年のルイス・ハミルトンとのタイトル争いの後、このような激戦のストレスに常に直面することはできないと語ったことで有名だ。

「確かに、毎年そのようなドラマを見ることはできない。 それは僕にとって良くないことであり、チームの誰にとっても健康的ではない。両方のチームにとってね」とマックス・フェルスタッペンはThe Guardianとのインタビュー語った。

しかし、F1は2023 年に予定されている 24レースのカレンダーに向けて準備を進めており、マックス・フェルスタッペンは、ドライバーのストレスと緊張が高まる可能性があることを認識している。

だが、マックス・フェルスタッペンは、チャレンジの増加による合併症については心配していないと述べ、より大きな困難に備える必要があると語った。

「準備ができていないなら、もうやめたほうがよくない?」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「僕たち全員がレーサーで、レースを愛していると思う」

「もちろん、昨年のようなシーズンを迎えられたことは素晴らしいことだけど、今年のようなシーズンを迎えられたことも素晴らしいことだ。昨年のように、毎年それを行うのは非常に難しいだろう」

「でも、それはF1であまり起こらないことでもあるし、問題ないはずだ」

マックス・フェルスタッペンの最も近いライバルであるシャルル・ルクレールは、今後のより大きく、より激しいシーズンに備える以外に選択肢はないと同意した。

「僕たち皆、もっと長いシーズンに向けて準備ができていると思う」とシャルル・ルクレールは語った。

「タイトになることを願っている。最後まで戦うのはいつだっていいものだ。でも、もっと多くのレースと、より長い戦いに向けて準備ができていることを願っている」

今年はレッドブルがRB18の重量ハンディキャップを乗り越えて優勢だったが、マックス・フェルスタッペンはライバルに対するマージンが2023年に持ち越されるとは考えていない。

「もっと近くなると思います」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「人々はクルマをより理解しており、時間の経過とともにすべてのチームが近づくだろう」

「冬の間、僕たちは本気でプッシュし続けて、引き続きパフォーマンスを見つけようとならないことを分かっている。パフォーマンスだけでなく、来年はタイヤが少し変わるので、おそらくタイヤをさらに理解する必要がある。僕たちがそういったすべてどのように管理するか見てみよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル