元F1王者デイモン・ヒル 「フェルスタッペンは才能を次のレベルに引き上げた」
元F1ワールドチャンピオンのデイモン・ヒルは、今シーズンのマックス・フェルスタッペンは“崇高”であり、成熟度とスキルが彼の才能を「次のレベル」に引き上げたと信じている。

前戦メキシコGPでマックス・フェルスタッペンは2022年の14回目の勝利を収め、年間勝利記録を更新した。しかし、そのマイルストーンの達成とアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスでの支配以外でも、フェルスタッペンのラップタイムを詳しく見てみると、驚異的なレベルの一貫性が明らかになる。

バーチャルセーフティカーでの2周を除いて、マックス・フェルスタッペンはミディアムでのスティント中、すべての周で1分22秒台でラップを記録していた。フェルスタッペンの根底にある驚くべき一貫性とそれが反映するものにデイモン・ヒルも舌を巻く。

「基本的に、彼の今年のパフォーマンスは非常に崇高だった」とデイモン・ヒルはF1 Nationポッドキャストでコメントした。

「メキシコGPでの彼のラップタイムの一貫性に注目している人がいて、彼は約40周の間ほぼ毎周コンマ2秒以内で周回していた」

「彼は非常に成熟して穏やかに運転しており、人々が彼の才能をどのように評価するかという点で、彼は次のレベルに到達している.

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーはデイモン・ヒルの見解に同意するが、2022年は1人のドライバーがこれまでに経験した中で最も支配的なキャンペーンの1つであると付け加えた。

「メルセデスには何年も支配されてきたが、個人のドライバーとしては、おそらくそうだと思う。彼は今年の22レースで最も多くのグランプリを獲得している」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「それに加えて、彼は2回のスプリントレースで優勝しているが、ポールポジションからすべてを獲得したわけではない。彼は多くの勝利のために戦い、レースをしなければならなかった」

「今年の終わりに振り返ってみると、マックスが主導した本当に素晴らしい年だったと思う。彼はミスをしない。彼はシーズンを通して完璧だった。彼が達成した一貫性のレベルは信じられないほどだ」

また、デイモン・ヒルは、昨年のキャンペーンを特徴付けた悲惨なドラマのないシーズンで、マックス・フェルスタッペンは過去にルイス・ハミルトンと戦ったときよりも、フェラーリのシャルル・ルクレールと戦っていることを指摘した。

「彼は世界選手権のために別のチームと戦う必要がなかったし、彼はシャルルとの競争に対して、ルイスに対して行っていたのと同じ反応を示していないようだった」

「この2人(フェルスタッペンとハミルトン)の間には様々な意見があるようだが、シャルル・ルクレールに関してはそうではない」

「シャルルはタイトル候補だったし、マックスはかなり気楽に対処しているようだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル