F1日本GPでマックス・フェルスタッペンがチャンピオンを獲得する条件
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は、今週末のF1日本GPで2022年のF1ワールドチャンピオンを獲得し、鈴鹿サーキットでの3年ぶりのホンダのホームGPとなる花を添える可能性がある。

2021年シーズンをもってホンダはF1から撤退したが、マックス・フェルスタッペンが駆るレッドブル RB18の心臓部には日本のホンダ・レーシング(HRC)で製造されたF1パワーユニットが収められている。

17戦を終えた段階でマックス・フェルスタッペンは341ポイントを獲得。まだタイトルの可能性が残されている2位のシャルル・ルクレール(フェラーリ)に104ポイント差、ランキング3位のセルジオ・ペレス(レッドブル)に106ポイント差をつけている。

F1日本GPを終えた段階で、残りの4レースで獲得できる最大ポイントは112ポイントとなる。したがって、マックス・フェルスタッペンは、F1日本GPでシャルル・ルクレールに8ポイント差、セルジオ・ペレスに6ポイント差をつけてフィニッシュすれば、鈴鹿サーキットで2年連続のF1ワールドチャンピオンを獲得することになる。

したがって、マックス・フェルスタッペンがF1日本GPで優勝+ファステストラップ(FL)の1ポイントを獲得すれば、2位でフィニッシュしたドライバーと8ポイント差がつくことになり、両ドライバーの成績に関係なくタイトルが確定する。

また、最低の条件は、マックス・フェルスタッペンが6位(8ポイント)で、シャルル・ルクレールがポイント圏外、セルジオ・ペレスがFLなしの9位(2ポイント)となる。
マックス・フェルスタッペンにとっての朗報は、タイトルの可能性が残されているドライバーの1人がチームメイトのセルジオ・ペレスであることだ。タイトルの決め手となるファステストラップの1ポイントなどはチーム戦略によってクリアできる可能性が高い。

F1日本GPでマックス・フェルスタッペンがF1ワールドチャンピオンを獲得する条件

マックス・フェルスタッペンシャルル・ルクレールセルジオ・ペレス
優勝+FL--
優勝3位以下-
2位+FL5位以下4位以下
2位5位(FL無)以下4位(FL無)以下
3位+FL6位以下5位以下
3位7位以下6位以下
4位+FL8位以下7位以下
4位8位(FL無)以下7位(FL無)以下
5位+FL9位以下8位以下
5位9位(FL無)以下8位(FL無)以下
6位+FL10位以下9位以下
6位11位以下9位(FL無)以下


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1日本GP