マックス・フェルスタッペン 「レッドブルF1のプロセスを信頼してきた」
2度目のF1ワールドチャンピオン獲得にむけて突き進んでいるマックス・フェルスタッペンは、レッドブルF1の困難な時期も「プロセスを信頼”し、今ではそれが報われていると語る。

わずか17歳で F1 グリッドに到着したときから、レッドブルF1にとってマックス・フェルスタッペンが将来のスターであることは最初から明らかだった。

しかし、F1でワールドチャンピオンを獲得するにはドライバーとマシンが必要であり、レッドブルF1は数年間彼にそれを与えることができなかった。

そのため、レッドブルF1でのマックス・フェルスタッペンの日々は終わり、メルセデスやフェラーリが獲得を争っていると噂が根強く報じられた。

2020年と2021年のランキングではメルセデスの1-2に食い込むことができず、レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンの契約にはチームから離れることができるパフォーマンス条項があることを認めていた。

しかし、マックス・フェルスタッペンはレッドブルを信頼し続けた。

そして、マックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンを最終戦のファイナルラップでパスしてF1ワールドチャンピオンを獲得して最終的にメルセデスの支配を終わらせた昨シーズン、そのような憶測は静かになった。

今年、マックス・フェルスタッペンは、2回目のF1ワールドチャンピオン獲得に向けて順調に進んでおり、パフォーマンスを繰り返すことを心配する必要はないと語る。

「だから僕は決して離れなかった」とマックス・フェルスタッペンは GPFansに語った。

「僕はそのプロセスを信頼していた。『ああ、今こそ去るか、別の場所に行って、すぐに成功を収める時が来た』と言うこともできた」

「でも、僕はプロセスを信頼し、チームの人々を信じていた。それが報われているので、自分がいる場所にとても満足している」

今年初め、24歳のマックス・フェルスタッペンは、レッドブルと並外れた延長契約を結び、 2028 年までチームにとどまることになった。

それはレッドブル・レーシングで15シーズン目を過ごすことになるが、マックス・フェルスタッペンは、チームの雰囲気を楽しんでおり、チームに留まることに満足していると語る。

「チームはそれほど変わっていない」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「ここ数年で数人が参加し、全員が現時点でベストを尽くして仕事をしている。チームの一員であることは本当に楽しい」

「チームの雰囲気は本当にいい。それが最も重要だといつも思っている」

「たとえ勝てなくても、チームの雰囲気が良ければ、時間の経過とともに大きく改善することができる。忍耐力も必要だし、強制することはできない。それが僕が学んだことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル