マックス・フェルスタッペン 「F1よりも日常生活の方が事故発生率は高い」
F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、F1よりも日常生活の方が事故発生率は高いと考えており、人々は物事をもっと大局的に見る必要があると語る。

近年、F1マシンは非常に安全になっている。F1ドライバーは、以前として非常に速いスピードで高速で通過する。そして、今シーズンは、F1がいかに危険なものであるかを改めて認識させた。

F1イギリスGPで事故に巻き込まれた周冠宇の車あ、逆さまになったまま高速でグラベルまで地面を滑り、タイヤバリアを乗り越えてフェンスに激突。

周冠宇の車はロールフープがなくなる大きなダメージを負ったが、激しい衝撃にも関わらず、周冠宇は無傷だった。

しかし、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンによると、危険はモータースポーツだけに当てはまるわけではない。

「ニューヨークでサイクリングするのも非常に危険ですよね?」とマックス・フェルスタッペンは Sports Illustrated Kids のインタビューで語った。

「F1よりも事故が発生する確率は高いと思う。つまり、物事をどのように見ているかということだ。シャワーで滑って簡単に怪我をしてしまうこともある」

同じインタビューで、マックス・フェルスタッペンは、若い頃に適切なメンタリティを与えてくれた父親に非常に感謝していると語った。

息子のカートのキャリアの間、ヨス・フェルスタッペンは常にトラックの脇にいた。

昨年、初のF1ワールドチャンピオンを獲得したマックス・フェルスタッペンは、それが彼を真の「勝者」にするのに役立ったと語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル