マックス・フェルスタッペン 「レコノサンスラップでソフトスタートを決断」 / F1ハンガリーGP 決勝
マックス・フェルスタッペンは、F1ハンガリーGPの決勝で10番グリッドから優勝。レッドブル・レーシングの素晴らしい戦略を称賛し、スピンを切り抜けて、ドライバーズ チャンピオンシップ首位のリードを広げた。

パワーユニットンの問題で10番グリッドスタートとなったマックス・フェルスタッペンは、スタートでクリーンを維持し、ソフト - ミディアム - ミディアムの2ストップ戦略を実行。フェラーリをアンダーカットし、ハードタイヤのシャルル・ルクレールをオーバーホールしてリードを奪った。

「誰もこのような結果なるとはあまり予想していなかったと思うけど、僕たちはレース前に落ち着かなければならないとお互いに言っていた。。それができたと思う。僕たちはすべて正しい判断を下し、レースは少し多忙だった…最初のラップでは、少しボックスインされ、トラブルから逃れることができた」

「その後はいくつかのオーバーテイクをした。僕たちは適切なタイミングでピットインし、適切なタイヤを車に装着した。計画していたタイミングだったし、基本的にシャルルがハードタイヤで苦労しているのを見たので、そこが彼への攻撃を試みた瞬間だった。彼を捕まえて、360°スピンをして、またポジションを失ったけど、もちろんあれは少し不運だった」

「でも、その後、僕たちは頭を下げ、再びそれらを取り戻し、ギャップを埋めた」

現役F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、グリッドまでのソフトタイヤのラップが、ハードタイヤがレースに適したコンパウンドではないことを彼のストラテジストに確信させたと付け加えた。シャルル・ルクレールは、ハードで15周を費やしたが、最終的にソフトでフィニッシュするためにそれらを捨て、3番グリッドから6位でフィニッシュした。

「ハードタイヤでスタートする予定だったけど、ソフトタイヤでグリッドに向かったところ、すでにグリップに苦労していたので、『ハードタイヤでスタートするなんてありえない!』と思っていた」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「それはチームの功績でもある。当初は、ハードタイヤでの戦略を計画していたけど、『よし、ソフトに切り替える』と言ってくれた。ハードタイヤは本当にタフだったし、シャルルとカルロスがよく滑っていたのを見えたので、僕たちは自信を持っていた。ソフトについて決心した後、ハードタイヤは考慮されなかった」

「もちろん、常に良い側にいることは非常に難しい。そう言っておきたいけど、チームにはたくさんの良い人たちがいる。今日、僕たちのストラテジストであるハンナ(シュミッツ)は非常に冷静だったし、彼女は非常に優れていると思う」とマックス・フェルスタッペンは付け加えた。

マックス・フェルスタッペンは夏休みに向けてシャルル・ルクレールを80ポイント差をつけた。ランキング3位のセルジオ・ペレスはルクレールにわずか5ポイント差に迫っている。さらに、レッドブル・レーシングは、コンストラクターズチャンピオンシップでフェラーリに97 ポイント差をつけ、2戦連続ダブル表彰台のメルセデスはスクーデリアにわずか30ポイント差に迫った。

「もちろん素晴らしいリードだ」とマックス・フェルスタッペンは語った。

マックス・フェルスタッペン F1 ハンガリーグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / F1ハンガリーGP