マックス・フェルスタッペン 「メルセデスF1は優勝争いに戻ってくる」
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は、メルセデスF1がすぐにレースでの優勝争いに戻ってくる可能性があると考えている。

現役F1王者で2022年もチャンピオンシップをリードするマックス・フェルスタッペンは、メルセデスF1とのライバル関係を認めており、今のところルイス・ハミルトンはランキングで下位に甘んじているが、「再び戦うことになれば違ってくるだろう」と語る。

最近のレースで、ルイス・ハミルトンが表彰台に戻ってきたのは確かだ。また、チームメイトのジョージ・ラッセルもオーストリアでは表彰台に遠くはなかった。

「ポジティブなことは、表彰台からわずか15秒しか離れていなかったことだ」とジョージ・ラッセルは語った。

メルセデスF1は、2022年マシンで苦しんでいた「ポーパシング」問題を解決したようであり、ようやくパフォーマンスに目を向けられるようになったことで、現在、基本的に各レースで車にアップグレードを投入することに取り組んでいる。

「我々の最高のアップグレードは、目には見えないものになるだおる」とメルセデスF1チームのエンジニアはAuto Motor und Sportに語った。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、レッドブルとフェラーリとのギャップは現在「0.2~0.3秒」にすぎないと述べている。

「我々はまだその問題を解決しなければならない」とトト・ヴォルフは言った。

非常に滑らかな路面を持つポール・リカールは、特に1ラップの予選ペースの点で、革新的なW13デザインに特に適していると期待されている。

メルセデスF1の非常勤取締役を務める故ニキ・ラウダの息子であるマティアス・ラウダは「彼らがグリッドのさらに上位からスタートすることができれば、彼らはすでに最前線にいただろう」と語った。

レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは「メルセデスはポール・リカールで速いと予想している」と語る。

「彼らは我々に近づいている。6人のドライバーの戦いファンにとって素晴らしいものになると思う」

「彼らは関与するようになっているし、それは世界選手権の戦いで我々を助けることも、傷つけることもある」

マックス・フェルスタッペンは、メルセデスF1にレースでの勝利の可能性が戻っていることに同意する。

「シーズン終盤にそうなるかもしれない。どうなるか見てよう」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「彼らは今年の初めよりも良くなっているけど、もう少し必要だ」

元F1の最高責任者であるバーニー・エクレストンは、それはルイス・ハミルトンが他の場所で挑戦を探すのではなく、F1にとどまるようモチベーションを見つけるのに十分だとさえ考えている。

「今年の初めはハミルトンが8回目のタイトルを獲得して去ることに賭ける準備ができていた」とバーニー・エクレストンはSpeedweekに語った。

「しかし、今、彼はF1を離れるつもりはないようだ。ファッション業界でお金を稼ぐのはここほど簡単ではないことに気付いたのかもしれない」

マックス・フェルスタッペン レッドブル・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル