マックス・フェルスタッペン 「今はタイトルのリードを祝う理由はない」 / レッドブル・レーシング F1イギリスGP 記者会見
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は、現在、ドライバーズチャンピオンシップの首位で健全な46ポイントのリードを築いているが、今週末のF1イギリスグランプリの準備をしているなかで、それらについて祝うことは何もないと主張する。

昨年、マックス・フェルスタッペンは、最終戦のファイナルラップまでタイトルを争って初のF1ワールドチャンピオンを獲得した。今年は、今シーズンここまでの9レースで6勝を挙げ、ほぼ2レース分に相当するリードを築いている。

『F1イギリスグランプリ』という名称では優勝したことのないマックス・フェルスタッペンだが、2020年に『70周年記念グランプリ』の名前ではシルバーストンで優勝経験がある。昨年のレースでは、タイトルのライバルであるルイス・ハミルトンと物議を醸すことになったクラッシュでリタイアしている。

しかし、彼が今週末に勝つことができれば、マックス・フェルスタッペンは3連勝利となり、彼のタイトルリードをさらに伸ばすことになる。

しかし、マックス・フェルスタッペンは、シーズンの早い段階ではポイントリードに焦点を合わせていないと語る。

「リアルに祝う理由はない。今僕がいる場所にシーズン末にもいたいからね!」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

メルセデスF1が、今回のレースに大幅なアップデートをもたらし、フェラーリはレッドブルとのポイント差を埋めるためにこれまでになく懸命にプッシュしている。

ライバルが大幅なゲインを得てくることを心配しているかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「現時点で言うのは少し早すぎる」とコメント

「また、週末のレースは、特定のチーム間のギャップという点で少し異なる。僕たちサイドでは、ここでできる限りのことをすることを目指す」

「僕たちは車に何があるかを知っているし、すべてを最適化しようとしる。でも、今回も1つのトラックレイアウトだ。得意なレイアウトはたくさんある」

一方、マックス・フェルスタッペンのチームメイトであるセルジオ・ペレスは、今年これまでのところ1勝を挙げて2位につけており、シルバーストンでの初めてのトップ3フィニッシュを目指している。

「このトラックは僕にとって良くなかった」とセルジオ・ペレスは語った、

「だから、週末にそれをまとめてここで表彰台を知ることができることを本当に望んでいる」

「僕たちは良い場所にいるはずだけど、間違いなく接戦だと思う...それに、ここではいつも天気が大きな役割を果たす可能性があるしね!」

セルジオ・ペレスは。レッドブル・レーシングの理解が深まっていることが役立つことを望んでいる。今ではチームで2シーズン目を迎えている。

「確かに、それは常に役立つ。チームと過ごす時間が長くなるほど、多くの点でより良くなる。チームへの自信、手順の知識、チームの運営方法、戦略の観点からの考え方、チームの見方など、彼らがイメージを大きくとらえられる」

「グループとして、そして、チームとして全体像を理解することが重要だと思う。それは僕を大いに助けてくれている。そして、セットアップで車の方向を導き、自分のことができる僕を大いに助けてくれている」

レッドブル・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / F1イギリスGP / セルジオ・ペレス