レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン 「カナダではフェラーリの方が速かった」
マックス・フェルスタッペンは、F1カナダグランプリではフェラーリの方が速かったと感じており、レッドブル・レーシングはまだ「改善する必要がある」と語る。:

マックス・フェルスタッペンは2022年の9レースで6勝目を挙げ、チームメイトのセルジオ・ペレスに46ポイント、フェラーリのシャルル・ルクレールで49ポイントまでF1ドライバーズチャンピオンシップのリードを拡大した。

F1カナダグランプリの週末は、シャルル・ルクレールのグリッド降格ペナルティによって後押しされたが、マックス・フェルスタッペンは、最後の20周でフレッシュなタイヤで猛攻を仕掛けてきたカルロス・サインツをかわすという難しい仕事を強いられた。

カルロス・サインツは、マックス・フェルスタッペンに比べてわずかなペースアドバンテージを享受しているように見えたが、完璧なF1ワールドチャンピオンを追い抜く方法を見つけることができなかった。

一連の勝利と快適なF1チャンピオンシップポジションにもかかわらず、マkkスウ・フェルスタッペンはカナダでの日曜日にレッドブル・レーシングが「最速ではない」チームであることを体感し、「改善する必要がある」と警告した。

チャンピオンシップのリードについて質問されたマックス・フェルスタッペンは「まだ非常に長い道のりであり、もちろんギャップがかなり大きいことは知っているけど、それが非常に速く切り替わることことも知っている」と語った。

「3戦目で僕は46ポイント差をつけられていたし、落ち着いて集中する必要がある。今日(日曜日)は最速ではなかったので、改善する必要がある」

「レースではいい感じだった先週末(バクー)に比べると少しスイングしている。今は良くはないけど、それでも勝つことができた。クオリティはあると思うし、団結して仕事をしなければならない。チーム全体で、車の改善点を少しでも見つけようとしている」

フェラーリは予選で最も速いチームであることが多く、シャルル・ルクレールは、マックス・フェルスタッペンの2回、セルジオ・ペレスは1回に対し、6回のポールポジションを獲得している。だが、タイヤのグレイニングの問題とトップスピードの付則により、レースディスタンス全体でレッドブル・レーシングと闘うことに苦戦している。

マックス・フェルスタッペンは、日曜日のフェラーリのペースアドバンテージの背後にある理由を特定するのは難しいが、両方のタイトル候補の間のフォームがレースからレースへと「行き来する」ので、それは目新しいことではないと述べた。

「土曜日に速く、日曜日に遅くなったとは限らない。バルセロナでは日曜日も速かったし、さらにいくつかそういうレースがあったと思う」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「だから、少し前後している。もちろん、理解する必要がある…昨日(土曜日)は雨ということもあった。今日(日曜日)は、よりト後れたトラックであったことも役に立たなかったかもしれない。でも、それが僕たちはすべてのことを調べなければならない」

「トラックのレイアウトや縁石など、それについてなんでも調べていくけど、現時点では、レースで僕たちよりも少し速かった理由を説明するのは難しい」

F1 マックス・フェルスタッペン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / F1カナダGP