マックス・フェルスタッペン、F1史上最多勝利数でファンジオに並ぶ
レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、2022年F1第6戦スペイングランプリでのキャリア24勝目を挙げ、5回のF1ワールドチャンピオンであるファン・マヌエル・ファンジオに並んだ。

1955年から1968年の間に、ファンジオは世界選手権のレースで最も多くの勝利を収めた記録を保持していた。その記録に到達するマックス・フェルスタッペンはF1史上最多勝利数でトップ10入り目前となった。

今回の勝利はレッドブル・レーシングでの初レースでの衝撃的なな勝利から6年後のカタルーニャ・サーキットでの2度目の勝利となる。。

マックス・フェルスタッペンは初めてチャンピオンシップの首位に戻った。彼は今年終了したすべてのグランプリで優勝を続け、昨年のハンガリーGP以来2位以下でレースを終えていない。

また、マックス・フェルスタッペンにとって3年連勝であり。次戦モナコグランプリで勝った場合、キャリアで初めて4連続となる。

レッドブル・レーシングの成功は、メルセデスF1の10年近くの支配を終わらせた。メルセデスF1はこのトラックでこれまでの9レースでポールポジションを獲得していた。彼らはそのうちの7勝を挙げ、他はマックス・フェルスタッペンと、2013年のフェルナンド・アロンソとなる。

F1史上最多勝利数
1.ルイスハミルトン(103)
2.ミハエル・シューマッハー(91)
3.セバスチャン・ベッテル(53)
4.アラン・プロスト(51)
5.アイルトン・セナ(41)
6.フェルナンド・アロンソ(32)
7.ナイジェル・マンセル(31)
8.ジャッキー・スチュワート(27)
9.ジムクラーク(25)
9.ニキラウダ(25)
11.ファン・マヌエル・ファンジオ(24)
11.マックス・フェルスタッペン(24)

シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)はリタイアによって今年初めてノーポイントでレースを終えた。。それは昨年のロシアグランプリ以来、12レースぶりとなる。

シャルル・ルクレールはキャリアの13回目のポールポジションを獲得し、グラハム・ヒル、ジャック・ブラバム、ジャッキー・イクス、ジャック・ヴィルヌーヴ、ファン・パブロ・モントーヤ、マーク・ウェバーに並んだ。

セルジオ・ペレスのファステストラップはキャリアの7回目であり、ジャック・ラフィット、シャルル・ルクレールと同数となる。

シャルル・ルクレールの引退により、ジョージラッセルは、今年のすべてのレースでポイントを獲得した唯一のドライバーとなっている。ラッセルはすべてのレースをトップ5で終えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル