マックス・フェルスタッペンのF1マイアミGPでの覇権はフェラーリにとって“心配の種”
F1マイアミGPで、マックス・フェルスタッペンにめった打ちにされたことは、スクーデリア・フェラーリにとって“心配の種”であるに違いないと元F1ドライバーのジョナサン・パーマーは語る。

シャルル・ルクレールとカルロス・サインツは、マイアミ・インターナショナル・オートドロームでフロントロウを独占し、レッドブル・レーシングに団結して立つ向かう準備を整えた。

しかし、カルロス・サインツは早くも最初のコーナーでマックス・フェルスタッペンに屈した。その弱いディフェンスは、マックス・フェルスタッペンの勝利の可能性を即座に高めたとジョナサン・パーマーがFormula1.comのレース後のコラムで書いた。

「現時点でのフェラーリの心配の種は、フェルスタッペンが両方の車の後ろでスタートし、そして、他のドライバーの大多数がかなりのタイヤオフセットなしではオーバーテイクが難しいと感じたマイアミ・サーキットでさえ、彼らを打ち負かすことができる方法であるに違いない」

「フェルスタッペンは勝利のためにチーム戦術や戦略にも依存していなかった。彼は最初のコーナーでサインツを打ち負かし、すぐにフェラーリを分断した」

「サインツは彼のインサイドのラインによって少し妨げられ、エイペックスでルクレールに囲まれていたが、ブレーキングゾーンの前にフェルスタッペンを絞るためにもう少しアグレッシブに行けたのではないだろうか?」

「この動きはフェルスタッペンの勝利にとって最も重要だった。フロントオウのロックアウトは、ピットストップフェーズで最も近い脅威をカバーするための戦略的なオプションをチームに与えるため、チームにとって非常に危険なアドバンテージだ」

シャルル・ルクレールは8周目まで自力で抑えていたが、マックス・フェルスタッペンがプレッシャーを一段上げ、主にRB18の優れた直線速度のおかげで、簡単な餌食となった。

「8周目の終わりに、フェルスタッペンはルクレールのDRS圏内にいた。ストレートで速いレッドブルで、フロントタイヤとの戦いの兆しを見せていたルクレールにプレッシャーがかかり始めていた」とパーマーは付け加えた。

「ルクレールはすぐに攻略され、フェルスタッペンがフェラーリのミラーに大きく迫るやいなや、ターン17で膨らんだ」

「これはフェルスタッペンにパスするための素晴らしい機会を与えた。ルクレールがフェルスタッペンにターン1のインサイドラインをプレゼントして簡単にやられた」

「レースリードのパスはそれよりもはるかに簡単ではない。特に、ほぼ確実にルクレールのメインタイトルのライバルであるドライバーに対してはそうだ」

これまでのところ、シャルル・ルクレールとマックス・フェルスタッペンとの間で激しい戦いが繰り広げられてきた。ドライバーズランキングでわずか19ポイント差でルクレールがリードしている。

しかし、ジョナサン・パーマーは、シャルル・ルクレールがマイアミでライバルであるマックス・フェルスタッペンに「寛大すぎた」と考えている。

「2021年のハミルトンとのタイトル争いのすべてのドラマの後、フェルスタッペンはこれまでのところこの戦いを高く評価しているに違いない。両方のドライバーはお互いを非常に尊重している」とジョンサン・パーマーは語った。

「しかし、マイアミのルクレールは確かに寛大すぎた。

「おそらく彼は次のラップのロングストレートでDRSを得ることを望んでいたが、その戦術が機能したバーレーンやジェッダとは異なり、次のDRSはコーナー出口ではなく、7ターンの後だった。

「フェルスタッペンはスパートをかける可能性があったし、実際にそうしていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / フェラーリ / レッドブル / F1マイアミGP