マックス・フェルスタッペン、レース中に体重が3kg減少で脱水症状 / F1マイアミGP
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は、優勝したF1マイアミGPで体重が3kg減少し、脱水症状が出ていたと報じられている。

フロリダの太陽の下で、気温33度、路面温度40度のコンディションで行われた57周のF1マイアミGPのレースは、F1ドライバーにとって特に厳しいものとなった。

レースで優勝したマックス・フェルスタッペンは「「肉体的に厳しいレースだった。体重が3kgは落ちたと思うよ!」と語っていたが、それによって脱水症状を起こしていたという。

「現在、ハイドレーションシステムの設置がエンジニアによって検討されている」と元レッドブルのF1ドライバーであるロバート・ドーンボスはZiggoSportに語った。

「しかし、それは彼らにはもう1キロのバラストを積む余裕はない」

ロバート・ドーンボスは、2022年のレッドブルに標準のドリンクボトルが取り付けられているかどうかわからないことを認めた。

マックス・フェルスタッペンは、レース後に特に疲れ果て、すぐに飲み物を見つけて座り込んだ後、表彰台に上がった。

「マックスは確かに過去2レースで彼がタイトルに値することを示した」と1997年のF1ワールドチャンピオンであるジャック・ヴィルヌーヴはFormule 1に語った。

「彼は常に能力のピークを発揮し、常にボーダーにいる。彼は、実力を出しきっていないレースは1つもない」

また、ジャック・ヴィルヌーヴは、2022年のF1世界選手権の明確なドライバーヒエラルキーがレッドブル・レーシングとスクーデリア・フェラーリの両方で出現したと考えている。

「彼らにはそれぞれ、チームによってではなく、単にトラックによって決定されるリーダーがいる」とジャック・ヴィルヌーヴは語った。

「フェルスタッペンとレクレールは自然な形でナンバーワンにった」

「カルロス・サインツとセルジオ・ペレスはレースに勝つことができる。彼らをサイドキック(ヒーローと行動する相棒や親友)と呼ぼう」

「しかし、彼らはまだナンバーワンレベルではない」

マックス・フェルスタッペン マイアミGP レッドブル・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / F1マイアミGP