F1:マックス・フェルスタッペンへのベルギーメディアの手のひら返しに父憤慨
マックス・フェルスタッペンがF1ワールドチャンピオンになったことで、ベルギーのメディアが突然息子を自分たちのものと見なしていることに父親であるヨス・フェルスタッペンは不満を抱いている。

マックス・フェルスタッペンは、父親のヨス・フェルスタッペンの国籍であるオランダの国旗を掲げてレースをしているが、実際にはベルギーのハッセルトで生まれ、母親のソフィー・クンペンもベルギー出身だ。

それでも、マックス・フェルスタッペンは、F1でオランダ人として認知され、彼のファンはF1カレンダー全体でオレンジの服装で応援。オレンジアーミーとして知られている。

そして、2021年の最終戦F1アブダビGPで初のF1ワールドチャンピオンを獲得し、マックス・フェルスタッペンはF1の頂上を極めた。当然ながら、ベルギーを含めてマックス・フェルスタッペンへの注目は最高潮に達した。

だが、ヨス・フェルスタッペンは、ベルギーのメディアはワールドチャンピオンになるまで息子にあまり関心を持っていなかったと感じており、その手のひら返しにイライラを募らせている。

「現時点では誰もがマックスを望んでいる」とヨス・フェルスタッペンはDeTelegraafに語った。

「一方で、それは彼にとって素晴らしい褒め言葉だ。彼は信じられないほどうまくやっている。車内だけでなく、外でもね。彼は新鮮な頭を持ち、彼自身のままだという印象を与えている」

「したがって、多くの人が誇りに思っていることを理解している。もちろん、私もそうだ。しかし、ある時点で私はそれに問題を抱えている」

「たとえば、一部のベルギーのメディアの目には、マックスは突然ベルギー人になった。それはいささか薄情だと思う」

「我々は何年もレースをしてきたが、数か月前までベルギーでは彼についてほとんど、または、まったくかかれていんかった。今では突然、彼らは彼が自分たちのものだと主張している。私自身はまったくそうは見ていない」

ヨス・フェルスタッペンは、両親のおかげで二重国籍を持っていたとしても、息子も自分自身をオランダ人だと考え続けていると説明した。

「私とソフィーは彼が生まれたときに結婚していたので、マックスには両方の国籍があるという状況だ」とヨス・フェルスタッペンは続けた。

「しかし、彼はオランダのライセンスの下でレースをしているので、彼はベルギー人よりもわずかにオランダ人だ。それが彼自身がそれを感じていることだ」

「オランダがベルギーと対戦しなければならない場合、彼はオレンジを応援する。彼が18歳で、選択しなければならない場合、それはオランダ国籍のためになる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1