F1:マーク・ウェバー 「フェルスタッペンは絶頂期のハミルトンを倒した」
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、マックス・フェルスタッペンが今年のF1世界選手権で絶頂期のルイス・ハミルトンを倒したと語る。

マックス・フェルスタッペンは、最終戦F1アブダビGPのファイナルラップでルイス・ハミルトンをオーバーテイクして2021年のF1ワールドチャンピオンを獲得。だが、終盤のセーフティカーは物議を醸した。

「彼は長い間F1を見ていて、ルイスがスポーツを支配しているのを見て『僕はその一部が欲しい』と言う感じだった」とマーク・ウェバーは Channel 4に語った。

「彼は個人に圧倒されることはない。彼は評判で人々と戦うことはない。彼は評判に駆り立てることはない」

「彼はとにかく『これは僕の縄張りだ。僕はレーシングドライバーであり、僕の存在感を感じさせてやる』と考えていて、非常にうまくやっている」

「だから、彼は自分がルイスと対峙していたことを分かっていたと思う。疲弊なかった。バクーでパンクに見舞われた。シルバーストーンでクラッシュをしたのはルイスのせいだった。サウジアラビアで少し調子が良くないと感じた」

「彼らは彼らの試練と苦難を経験してきた。しかし、最終的に彼はハングリーなハミルトン、絶好調のハミルトンを倒したことを知っている」

F1史上最年少でデビューを果たしたマックス・フェルスタッペンは、25歳以下でF1ワールドチャンピオンを獲得した4人目のF1ドライバーになったが、彼はすでにキミ・ライコネンのキャリア通算に1勝満たないだけの20勝を挙げ、60回の表彰台を獲得している。

マーク・ウェバーは、マックス・フェルスタッペンの自分自身に対する“聖書の文体を思わせる”自信がF1に素早く順応するのを助け、レッドブルがキャリアの非常に早い段階でステップアップさせるという“リスク”を犯したことを評価している。

また、ドライビング面だけでなく、マックス・フェルスタッペンがどれだけ人気があるかについて9月のザントフォールトでのホームレースを例として挙げ、F1全体に対する彼の価値を受け入れるべきだと考えている。

「彼がスポーツに参加したとき、彼の年齢で示した成熟度は、最高レベルだったし、聖書の文体を思わせるレベルの自信と感触を持っていた。これらのマシンは早い段階で克服するのは簡単ではない」とマーク・ウェバーは語った。

「カートとF3を通じて、レッドブルはリスクを冒した。彼は、レッドブルが競争と激しいレースをするために何を表しているのかという点ですぐそこにいた」

「フェルスタッペンは国を魅了した。今年のオランダグランプリを見てほしい。それはスポーツにとって驚異的であり、新しいベンチマークだった」

「そういったドライバーは10年に一人現れるかどうかだ。フェルスタッペンは本当に驚異的であり、スポーツは彼を受け入れるべきだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / マーク・ウェバー